<< 農業将来予測 No29 | main | 異常気象 No3 >>

異常気象 No2

 

 

        目次を作りました。順番に見てね
 


  
   


異常気象 No2
第一章 気象の要素
 

 

○大気の現象

気温

 気温は大気の温度のことですが、どうやって大気は暖められているのでしょう? 何もない真空の宇宙からどうやって熱は伝わってくるのだろうか? 熱の伝わり方には伝導、対流、放射の3種類ありがあります。これらは熱を伝える伝達の方法を表したものです。

 

・伝導

熱伝導は物質を介して熱が伝わるもので、金属棒の片方を熱すると次第に反対側が熱くなってきます。これが熱が媒体として固体を使っている現象です。

・対流

 これは熱せられた気体や液体が移動することによって熱を伝える仕組みのことで、冬にストーブをつけると熱で暖められた空気は膨張して軽くなり上方に行き、そして上方で熱を奪われて、また下方へと移動します。このような動きを繰り返すことで部屋が温められます。お風呂を沸かすときにも同じことが起きています。このように流体を媒体とするものが対流です。対流は流体によって起きるので、その流体の密度が高いと顕著になり、密度が低いと鈍くなります。

・放射

 放射は熱を伝達する媒体を必要としません。太陽熱が地球を暖めるのもこの放射によるものです。放射は電磁波で波長によって伝わります。電磁波は物質に当たったときに初めて熱エネルギーに変換されます。よって放射は途中に媒体する物質の存在に関係なく熱エネルギーを伝えます。光も電波も電磁波の一種です。


気温

 では、地球の温度はどのようになっているのでしょうか。太陽から放射された電磁波は地表に当たり熱エネルギーとして地表を暖めます。暖まった地表は周りの空気を暖めます。

暖まった空気は対流により周りの空気を暖めます。この現象が気温になります。

そうなんだ。太陽の放射がいきなり空気を暖めているのではなく、暖まった地表が空気を暖めているんですね。そうすると地表の温度が低いところでは気温も低いことになりますね。寒いから地表の温度が低いのではなく、地表の温度が低いから寒いんですね。確かにそうですね。ビルのある都会と田んぼのある田舎では田舎のほうが寒いですね。これは都会が土よりも熱伝導率の高いコンクリートや鉄骨で囲まれているからです。コンクリートが暖められて、地表の温度が上がり、その為周りの空気も暖められて温度が高くなります。コンクリートは熱を蓄えるので夜になっても都会が暑いのはこの為ですね。気温は地表の温度によって左右されていることがよくわかりますね。


平成22年10月4日


 


 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM