<< 雇って困る人 | main | おもてなし >>

我慢と忍耐

  

         目次を作りました。順番に見てね
 


 
 
  

我慢と忍耐

 我慢と忍耐、どちらも似たような言葉だが、果たしてそうだろうか?子供のころはよく我慢を強いられたが、大人になると我慢ではなく忍耐が求められるようになってきます。我慢は、自慢に通じており「自」が「我」に変わったもので、もともとの我慢の意味は我を通すことだったとか。現代では我慢は意地を通すことを抑えることの意味で使われています。つまり自分の気持ちを中心に考えているものであり、身勝手ことを抑えなさいということになります。では忍耐はどうでしょう? 忍耐はどちらかというと外部の圧力に対する抵抗性を示しているもので、自分の気持ちを我慢することとは異なります。このように考えると子供の頃は我慢、大人になると忍耐ということが理解できます。

 子供の頃に我慢することを教育されていないと、大人になると忍耐力のない人になります。我慢が出来ないので責任はいつも他人にあるという考え方になってしまいます。また、忍耐力が小さいとストレスに負けて病気になります。子供に我慢させることが良いのではなく、物事の良し悪しで我慢させることを覚えさせることが大切です。我慢することで協調性を覚えてストレスに強い人になって貰いたいものですね。

 切れたりヒステリックになったりするのも、我慢が足りなかったのかもしれませんね。子供に我慢をさせる場合は、なぜ我慢しなければならないかを話す必要があります。親の都合ではなく、社会性のなかでの我慢を教えてあげなければなりません。大人になって文句の多い人は、子供の頃にあまり我慢をしていない人のように感じます。

 忍耐力をつけて次のチャンスを掴むように頑張りたいものですね。

 

 

平成22727

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM