<< 子供と本音 | main | 言葉と手紙 >>

自己資本比率と景気

         目次を作りました。順番に見てね
 


 
 


 

自己資本比率と景気(プロシクリカリティの罠)

 自己資本比率は銀行の安全性を確保する意味で重要です。自己資本比率が低いと他人の資金に対する依存度が高くなり、銀行に対する信用不安を齎します。自己資本とは企業自らが用意した資金のことで、この資金が厚いほど安定した経営が行うことができます。自己資本が少ないということは他人からの資金調達が多いことになり、他人依存度の高い経営となります。よって自己資本の割合の高さは企業に対する信用度合いとなります。

銀行の自己資本比率の基準には国際基準と国内基準とがあります。国外に支店を持って業務を行う銀行では国際基準の自己資本比率が適用され8%以上を求められています。国内のみの基準では4%以上となっています。自己資本比率とは他人資本と自己資本の割合を指すもので、総資産に占める自己資本の割合を自己資本比率といいます。(自己資本÷総資産)×100で%で示します。国際基準ではこの割合が8%以上なければなりません。

 自己資本と景気の関係を考えてみると、自己資本比率は景気の変動によって左右されます。銀行の自己資本は特に経済の要なので、資金の動きに合わせて動きます。景気がいい時には資金も活発に動くので総資産そのものが膨らみます。しかし、景気が後退すると資金の動きが鈍り総資産も減少してきます。銀行の自己資本規制により国際基準は8%ですが、この規制が銀行の活動にどのような影響を与えるのでしょうか? 

 景気が後退して不良債権が増えると、その処理の為自己資本が減少します。そうなると自己資本比率=自己資本÷総資産なので、分母の総資産を圧縮して自己資本比率8%を維持しなければなりません。景気が後退しているのに総資産を圧縮すると言うことは、貸出先の吟味することになり貸し渋りの原因となります。つまり資金供給が円滑に行われなくなり、さらに景気の後退に拍車をかけることになります。逆に景気が上向いて好景気になると、利益剰余金が増えることになり自己資本が増えるので、資金余剰となり資本効率を高めようとして過剰な貸付となってきます。日本のバブルもこのようにしておきました。銀行が巨額の融資を勧め、尚更景気が良くなりその結果バブル景気となりました。このように銀行の健全性を示す自己資本比率の規制により、景気が左右されていることが問題となってきています。この為新しい自己資本規制バーゼル靴竜掴世なされています。


金融機関の自己資本比率の算出 
国際統一基準 (8%以上)

自己資本比率=
Tier Tier Tier 控除項目)÷リスク・アセット


Tier
機Ъ己資本の基本的項目・・資本金、法定準備金、繰越利益剰余金など


Tier
供Ъ己資本の補完的項目・・一般貸倒引当金・劣後ローンなど


Tier
掘Ы猜箚暗項目 短期劣後債務(契約時における償還期間が2年以上)など


控除項目:持合株式など


リスク・アセット:リスク資産にリスク割合を掛けて、総資産からリスクを取り除いた資産の再評価金額。例えば国債
0%、銀行向け融資20%、住宅ローン50


平成
22712

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM