<< 作物の栄養素 No16 | main | 作物の栄養素 No18 >>

作物の栄養素 No17

         目次を作りました。順番に見てね
 


 
 
作物の栄養と生育 No17
○各元素の働き
 

 

銅(Cu)

 光合成や呼吸に関与する酵素に含まれ、葉緑体の中に多く存在し、鉄と同様に呼吸作用に重要な役割を担っています。植物体内の酸化還元に関与し、銅酵素の組成成分です。また障害を保護する酵素との関連しています。微量元素であるFe、Zn、Mn、Moと拮抗、相互作用がある。作物によってはキャベツのように銅が欠乏しても症状が出にくいものがあるが銅を添加すると生育が良くなる。

機能:生体内で分子状酸素の運搬や電子伝達系に関与

効果:生体防護

欠乏:再移動しにくいので新葉が黄化し、生長が止まる。

    生長点の白色化

欠乏原因:有機物投入により、銅と有機物の結合により固定化されるため。

       投入資材の銅含有率の不足。

       土地がらとして東北、北海道に欠乏が多い。

欠乏対策:硫酸銅の施用若しくは葉面散布。(土壌施用は裂ける)

       また、葉面散布に於いてCaとの相乗効果で病害虫の抵抗性を増
       す。

       ボルドー液を使用(CuとCaの混合液)銅や硫黄の薬剤は有機JAS
       で使用可能。

拮抗しているFe、Zn、Mn、Mo量によっても左右される。

過剰:移動しにくいので根に蓄積され、根の伸長が極度に低下する。

    呼吸を阻害し養分吸収を抑制する。

過剰原因:銅含有農薬の過多。

       豚糞の連続施用

過剰対策:土壌pHを上げる。

       有機物の施用。

       亜鉛の施用(亜鉛と銅は根の同じ部位から吸収されるので)

平成22年06月05日 




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM