<< 作物の栄養 No2 | main | 作物の栄養 No3 >>

マナーと評価

 

         目次を作りました。順番に見てね
 


 

 
マナーと評価

 日本人の基本的な評価は道徳心でしたが、それが時代の変化と共に常識も変り考え方も変わってきて、現在では成果主義となっています。つまり人を大切にする思いやりから経済を優先する結果主義となってきました。しかし、現実的な社会では道徳(コミュニケーション)と成果(経済)の両方を大切にしなければなりません。いくら成果がよくても人を不快にさせる行動は慎むべきではないでしょうか。しかし、成果主義では行動を慎むべき常識や知識が欠如しているのですから、その行動を抑制することが出来ません。行動を抑制するのは、お金です。収入に繋がらないと行動を改めるほかありません。行動を改めさすには評価を成果からマナーに変えなければなりません。マナーや常識だけで評価するものではなく評価の重点をマナー側にも傾ける必要があります。

 常識に欠ける人が上司になると会社の行く末が見えてきます。人に対する配慮がなされなければ上司と部下の関係は成立しません。配慮がなされないと対立や反抗的な行動を生みます。人は心の動物ですから、人の評価は基本であるマナーや常識、道徳なども考慮にいれなければなりません。

 

ところで道徳、マナー、常識をどのように理解すればいいのかなぁ。

私流では

道徳:人道的な常識で人の心を大切にすること、

   時代や年令関係なく一定

   但し、育った環境に左右されるが本質的な部分は同じ。

   気持ち、おもてなし、

常識:社会秩序を守る為に、社会生活の中で自然発生した判断

   経済、文化の発展にともない変化する。地域性がある。

   考え方


マナー:謝意ア生活で人に不快を与えない為の社会的行動の規則

   文明の発展にともない変化する。地域性がある。

   ルール

 

現在の評価は実績であり成果ですが、もっと人間としての評価も大切ではないでしょうか。

評価は成果と人間性の両方から行い、もっと質を重んじるべきではないでしょうか。

 

 

平成2258


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM