<< ゼオライト No4 | main | ゼオライト No5 >>

仕事の定義

         目次を作りました。順番に見てね
 


 


 

仕事の定義2

 勝手ながら仕事について考えて見ました。仕事については以前“無条件にしなければならないこと”と話しましたが、それは仕事の遂行についてです。今回は仕事の内容について考えて見ます。仕事のあり方について考えてみると3通りの見方が必要となります。一つ目は自分に対するもの、二つ目は顧客に対するもの、三つ目は消費者に対するものです。

 

自分に対する仕事の定義は

1、条件克服・・・期日、性能(目的)、安全性

2、記録  ・・・証拠・実績

3、成果  ・・・実りがあること

4、継続  ・・・未来に繋ぐもの

5、分析  ・・・向上させること

 

顧客に対する仕事とは

1、儲けさせる・・・事後とは利益の分配

2、期日   ・・・納期を守る

3、信頼   ・・・確認をする

4、継続   ・・・取引の拡大

 

消費者に対する仕事とは

1、満足   ・・・問題の解決を図る

2、結びつけ ・・・商品価値・説明責任を果たす

3、継続   ・・・持続的供給

4、ニーズ  ・・・安全・安価・単純

5、リピーター・・・こだわり

 

 

平成22421


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM