<< 値引きと定価 | main | 分析と解析 >>

定価・価格・値段

 

         目次を作りました。順番に見てね
 





 

定価、価格、値段

物の販売金額を決めた言葉には、定価、価格、値段があります。使われ方は様々なように思えますが、これらの意味はどのようになっているのでしょうか。これら三つに使われている金額を表す漢字は「価」、「値」です。価は物の本質的な価値を示し、値はその商品の金額を表しています。そうすると価は商品に属するもの、値は金銭に属するものとしてみることが出来ます。定価、価格はその商品の価値を決めたもので、値段はその価値を金銭に置き換えたものといえます。また、定価、価格、値段はその使い方によって見方が変わります。

 

商品販売金額の見方の違い

定価:販売目的の為に販社側の売値

価格:メーカー側の商品価値を表したもの

値段:消費者側からみた価値を金銭で表したもので、相場に左右される

 

価値の観点から見てみると

定価:付加価値、サービスにおける接待価値

価格:製造価値、機能性、安全性、利便性の価値

値段:消費価値、自己満足の欲求価値

これらのことを織り込んで販売金額が定められている。

現在のデフレはいずれも否定するものであり、経済から乖離している。

 

経済状況に応じた優先順位

インフレ:値段<定価<価格

デフレ:定価<価格<値段

デフレスパイラル:定価・価格<値段

 

経済成長からみた場合

成長経済:値段<定価<価格

安定経済:値段<価格<定価

飽和経済:価格<定価<値段

現在の日本の経済は、 付加価値、製造価値<自己満足 となっている。

このように販売金額を見てみると日本経済は自己中心的な経済動向となってきていることが窺い知ることができるのではないだろうか。これを断ち切るのは、メーカー主導の生産調整が必要ではないのだろうか。但し一時的に経済が失速するが回復は早くなるものと思われまする。

平成22年3月25日

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM