<< 旧暦と月と農業 No30 | main | 立場 >>

旧暦と月と農業 N031

         目次を作りました。順番に見てね
 





旧暦と月と農業 No31

第四章 月と農業
月と農業 No5

カレンダーを作ろう

 月齢管理をするうえに必要なことはカレンダーの作成だと思います。月齢と潮まわり、干満、月光などの要素をカレンダーに書き込み、自分なりの計画を立てていきます。縦軸に日にち、横軸に西暦、月齢、月の位相、樹液の移動、移動の大きさ、先端の養分濃度、葉上の養分濃度、葉下の養分濃度、成長期か肥大期か、樹勢、潅水、肥料種類、葉面散布、防虫、剪定などなどを記載します。さらに播種・定植期、成長・育成期、肥大・収穫期などの生長サイクルによってカレンダーを作製します。この様な形にすることで播種から収穫までの月のリズムに合わせた計画表を作ることが出来ます。後は実践の中で作物ごとや自分なりのカレンダーを作製していくといいのではないでしょうか。また、二十四節気にそったカレンダーを作るといいのではないでしょうか。欲を言うならば月のリズムを縦軸にグラフとして挿入することで、月のリズムと農業の関わりをもっと知ることが出来るのではないでしょうか。


例えば
 

参考書物としては農文協の「月と農業」「現代農業2005年3月号」「現代農業20075月号」「現代農業2008年5月号」「暦の見方」などです。また、ネットなどにより頷けるものも含めてまとめてみました。詳しい内容については農文協のHPなどから、本の注文が出来ますので、購入されてみてください。実際の体験談が沢山掲載されています。

平成22年03月19日 





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM