<< 旧暦と月と農業 No22 | main | 旧t暦と月と農業 No24 >>

旧暦と月と農業 No23

         目次を作りました。順番に見てね
 



旧暦と月と農業 No23
 
第三章 月の力

 

干満

 1日のうちの潮位の変化で潮が満ちてくることを満ち潮(上げ潮)といい、最高潮位になったときを満潮(高潮)といいます。逆に潮が引くことを引き潮(下げ潮)といい、最低潮位になったときを干潮(低潮)といいます。干満(かんまん)は潮が満ちた状態と引いた状態のことを言います。干満はどちらも一日のうちで2回起きます。この干満が起こす力のことを潮汐(ちょうせき)力といいます。潮は朝に起きる干満、汐は夕方に起こる干満を表しています。ではなぜ干満が一日のうちで2回も起こるのでしょうか。満ち潮を考えた場合、月は11回しか昇らないので満ち潮は一回になりますが、ではもう一回の満ち潮はどのようにして起こるのでしょうか?

地球は常に自転しており1日で1回転します。月のある方では月の引力により満ち潮となります。月のない反対側では地球自体の遠心力で潮位が高くなります。満潮は月と地球の遠心力とで12回起きることになります。満潮が2回あれば干潮も2回起きることになります。

地球は1日で1回転するので干満は凡そ6時間おきに起きることになります。



潮汐力

月は地球に対して大きな潮汐力を及ぼします。その潮の大きさの変化を表したものが小潮、長潮、若潮、中潮、大潮です。大潮は新月と満月のときに起きることが分かりましたが、その他の潮のときの月の位置はどのようになっているのでしょうか?

月が上弦と下弦の時には、太陽と月の角度は90°になります。その為太陽の引力と遠心力とで2分されていた潮力は、さらに直角方向から月の引力の影響を受けることになり、太陽の引力と地球の遠心力を打ち消そうとする力の影響を受けます。その為干満の潮位の差が小さくなります。これとは逆に大潮(新月・満月)のときでは干満の差は大きくなります。大潮とは干満の差が大きいので「大潮」といいます。上弦・下弦の月では干満の差が小さいので「小潮」と言います。



平成22年03月02日 




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM