<< 旧暦と月と農業 No21 | main | リスクと責任 >>

デフレと資金

         目次を作りました。順番に見てね
 



 

デフレ

 先日銀行マンが来て3月期末の借入のお願いがありました。このデフレ下では無理だと話し、交換条件として取引先の紹介を要求しました。

     借りてくれというお願いではなく、お金を使わすことを考えたほうがいいのではないですか、と話し取引先の紹介を求めました。

     そうするとその行員は売り先の紹介を考えていたようで、どのような売り先がいいかと訪ねられました。

     確かに売上が行き詰っているので売り先wお紹介してもらえることはとても嬉しいことですが、このデフレ経済下では、どこでも売り先に困っています。紹介してもらう売り先も同じことです。デフレ経済下では売り先がないのですから。

     そこでデフレの場合とインフレの場合では紹介先をどのように選ぶのかと尋ねると、返答に困っていました。さらに売り先の紹介ではお金を貰うほうだから、資金需要には直接的には結びつかないよね、間接的に運転資金が不足することで借入の必要は出てくるのだが、売り先にはお金を支払わないので、運転資金の必要性がない限り借りる必要もないよね。と話すとまた黙ってしまいました。

     この行員は経済の状況に応じた対応の仕方を知らないのです。デフレでもインフレでも同じ対応しか出来ないのです。銀行は経済の中枢ですが、経済についてあまり考えてないようです。

     今の経済はデフレだから仕入の強化を図り粗利益の確保を目的としたものではないとなりません。そこで仕入先の紹介を求めました。デフレ経済下では粗利益を確保する為に商品価値のあるものを扱わなければなりません。単価競争ではなく品質の追求を行わなければなりません。安いものをいっぱい売っても粗利益率は上がりません。粗利益率の意味するものは「商品の使用価値」です。消費者がその商品を使用して初めて価値が具現化します。これは心の満足としてリピーターを生みます。実際に美味しい食べ物は、経済状況は関係なく消費者に支持されています。行列に並んでまでも購入しようとします

このようにデフレ下ではこだわりのある商品価値のあるものを提供しなければなりません。値段だけのものでは淘汰されます。

     そこで行員に仕入先の紹介を要求しました。まして、仕入先は直接的にお金を支払うところです。運転資金の差額を払うのではなく購入した金額すべてを払います。お金を使わせようとするならば売り先よりも仕入先を紹介したほうが、資金を使います。更に商品がよければ買掛金は増えます。借りるには、借りるだけの理由が必要なのです。

     さらに仕入先の紹介は営業との距離を埋めます。普段営業は売ることを目的としてノルマを課せられています。よってなかなか仕入先まで注意は行きません。営業マンは売り先を求めています。しかし消費者は使用価値を求めています。これはデフレ下でのことです。インフレ下では消費者は欲しいと言う欲望価値を求めています。逆に営業マンは物がないのでうから仕入先を求めています。

     さらに営業マンに仕入先を紹介することで自ら仕入先に赴き商品の価値を知ろうとします。売るだけの販売では相場(流通)は分っても商品については分りません。仕入先に注意を向けさせることで商品を知る勉強の機会を提供することが出来ます。商品を知ることで説明責任を果たすことが出来ます。青果物では相場の説明は出来ても商品の説明が出来る人が少ないので、仕入先を知ることは消費者にとってプラスになります。

デフレ下ではデフレの資金の動かし方、インフレ下ではインフレ用の資金の動かし方があります。経済を知ることは説明責任を果たすことにも繋がります。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM