<< 旧暦と月と農業 No20 | main | デフレと資金 >>

旧暦と月と農業 No21

 

         目次を作りました。順番に見てね
 



旧暦と月と農業 No21
 
第三章 月の力
 

潮汐力

太陽の影響

 地球に働く引力には太陽と月の係わりが大きく影響しています。海の潮力に影響を及ぼすのは太陽と月の位置関係です。地球に対して力が大きく係るのは太陽と月が一直線に並んだときです。新月(朔)では太陽と月の角度は0°であり、同じ方向に太陽と月があるので、このときに最大の力を生じることになります。また、太陽と月の位置が180°である満月の時には太陽−地球−月と並び、地球は太陽と月の両方向から力を受けることになります。それ以外のときでは太陽と月の引力が重なることがないので、月の引力の影響を多く受けることになり、月の軌道上のどの位置に月があるかによってその影響力は変わります。



 月と太陽の地球に対する潮汐力の比率は約
2:1の割合で月の引力のほうが強く働きます。この為、新月のときには太陽と月が一直線上にあり且つ同方向にあるので、力の合成で2+1=3の潮汐力を発生することになります。



 逆に満月の時には太陽と月は地球を挟んで正反対の方向に位置することになり、両方向からそれぞれの引力が働くことになります。


平成22年02月24日 




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM