<< 事業計画書 No12 | main | 事業計画書 No14 >>

事業計画書  No13

         目次を作りました。順番に見てね
 



事業計画書 No13

16
、長期資金計画                      


17
、判定

 以上のように利益・資金とも黒字となり、投資資金の回収は        
    年目
で可能であるため、この投資案は有効であると判断する。

 

業界との比較判定

使う指標

総資本利益率、資本回転率

例えば食品製造業では 総資本回転率1.7

           総資本利益率3.7

 

今回事業計画における投下資本      円・・・総資本とする

 売上        円

          利益        円

回転率     売上÷投下資本=    回    指標1.7

資本利益率   利益÷投下資本=    %    指標3.7

 

業界指標と比較しても遜色ないものであり、この事業の妥当性が覗える。

(指標を使って計画売上を指標の回転率で割ると投資できる金額が分る。但しこの場合使用している指標が黒字会社なので、投資額が多くなることに注意)

平成22年1月22日




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM