<< 食糧戦略供。裡36 | main | 性 >>

食糧戦略供。裡37

 

          目次を作りました。順番に見てね
 




食糧戦略供。裡37 2009,10〜


最終章
世界流通(自由貿易)への対応

将来の布石

仲卸の場合

仲卸が生産地を確保するには、自ら農業生産を手がけるものと契約により生産を委託するもの、契約仕入によりブランドを購入するものなどがあります。来る自由貿易の対策は産地参入しか残されておらず、その方法を自社の流通にあったものを考えなければなりません。仲卸の仕事は量販店に対するコーディネイトですが、自由貿易に対抗するには目的(信念)を持ったグループ化が必要です。このグループ化は消費者に対するもので消費者に何を届けようとしているのか明確にして、消費への価値を見出してもらうものです。消費者と産地の距離を短くすることで鮮度の高い商品を届けること、供給連鎖管理で安全性と栄養価の向上も図れます。まずは産地の獲得が急務です。それも将来の方向性に対する同意を得られる産地が必要です。新たな産地作りではランクアップを行うための意識改革が必要となるので、そのことを充分に理解できる説明(事業計画)を整えておかなければなりません。今の現状では自由貿易を見据えた観点での事業の推進は行われていません。だからこそ説明書が必要です。

 また、グループ化においては他県でのパートナーが必要となります。例えば北と南の仲卸間で産地の確保を行い、双方で取引を行う事でより活発に動くことが出来ます。どの仲卸(卸を含めて)と手を組むのか、そしてどのような対応をしていくのか、相互協議を行い理解しあえる関係の構築も重要です。

・仲卸との相互関係の構築

・卸との関係強化

JAとの関係強化

・農業生産法人の設立

・自社農場(農業生産参入)の確保

・農法の確立

・戦略的計画書の作成

などなど色々しなければならないことが沢山あります。



その他考えられること

・産地ブランド化が進む

・垣根を越えた提携等が進む

・仲卸による卸の運営が行われる(共済組合の設立)

・卸と量販店の共同売り場が多くなる

・温暖化に備えた産地移動が活発になる

・他企業の農業進出が加速する

・土地の共有化が進む

・輸出商品開発が進む(種苗会社・肥料会社の協力)

・大手資本が介入してくる

・個人生産者は企業グループへの参加が余儀なくされる

・規模の拡大が広がる

・行政の介入が増えてくる(企業誘致)

・青果を使用したスイーツが増えてくる

・農業委員会と企業が対立する

・大手企業の資本参加により巨大産地が増えてくる

・土作りが加速する。

・コンビニの農業進出が起こる(地場生産・地場消費)



様々なプロジェクトを成功させる為には、」全員参加で行うことと、参加者全員が平均的な収入を得られることが大切です。継続的な安定収入が得られる仕組みづくりが必要です。


新しい時代への対応が求められています。対応が遅れることは命取りになります。私たちが感じなければならないことは現状という態度(現実)から何を読み取ることができるかということです。現状の態度から将来の方向性を模索して対応することが新しい時代への対応となります。現実の延長戦には何かが潜んでいます。


自由貿易の対応ポイント

     産地の取り込み

     産地ブランドの確立

     種苗会社との提携

     肥料会社との提携

     JAと卸の提携

     JAと仲卸の提携

     卸と仲卸の提携

     仲卸と仲卸の提携

     卸と量販店との協力

     仲卸と量販店との協力

     生産から販売までのグループ化

     パートナーシップにのっとった共益化と分配

     企業の農業生産の進出

     M&Aによる企業買収




平成21年12月30日



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM