<< 消費低迷 No3 | main | 消費低迷 No5 >>

消費低迷 No4

 

          目次を作りました。順番に見てね
 





消費の低迷を考えるNo4

消費低迷

NBとPBの比較

NBが高級優品ならばPBは無印良品(良品廉価)ということになります。大手メーカーが製造販売するNB商品はこだわり商品であり、差別化商品でありますが、PB商品はコモディティ商品と言われ他社商品との差が不明瞭で日常的な生活消費商品です。別の見方をすれば、ある意味こだわりや伝統のあるNB商品は生活の質を高めるクオリティですが、PB商品は生活を維持するものと言えるのではないでしょうか。

 

PB

NB

販売主導権

小売

メーカー

品質

そこそこ

高品質

追求

廉価

こだわり

客層

中・低

高・中

値段

安い

高い

回転

速い

遅い

宣伝費

少額

巨額

経済の状態

低迷時

繁栄時

差別化

値段

品質

商品力

競争力

 

NB・PB戦争

 NBがPBに勝つ為にはどうしたらよいのだろうか。NBとPBの違いは格づけです。その格づけは仝粁舛良兵繊↓技術レベル、F伴性、さ’柔、プロモーション力によって決まるのではないでしょうか。また、NB商品を扱うとマージンミックスを考えた販売ができます。色んな商品との兼ねあわせでトータル的な利益の確保が出来ますが、PB商品では、そもそもその商品自体の利益が薄いので他の商品との兼ね合いで販売することは出来ません。また消費者側から見てみるとNB商品の顧客満足度は高く、PB商品ではそれほど顧客満足は高くありません。それはNBが商品の品質(内容)を販売しているのに対して、PB商品では商品ではなく値段を販売しているので、必然と顧客満足には差が生じます。かといって顧客支持率が低くなるのではなく逆に高くなります。これは低価格なので購入する点数が増えるので、顧客支持率(1人のお客が買う商品個数)は向上します。顧客満足度に差が出ないとしたらそれは消費者が我慢しているか、NBの価値を理解していないかのどちらかです。この状況を打開するにはデモで商品を使わせたり、試食販売等で飲食させ差別化を消費者に体験させなければなりません。PBばかり購入していると、恰もそれが基準となりがちになりますが、違いをはっきり見せることでNBの支持は上がるのではないでしょうか。NB商品の強みは“あの商品が欲しい”と消費者に言わせる商品力です。

 PB商品の取り扱い割合は、小売業が総合小売行である場合、全商品の26%程度が限界といわれています。それはPB商品の割合が増えると薄利多売が進むのと、販売地域が拡大してPBとしての小売店のブランドではなくNB商品としての位置づけに変わり、メーカーとの競争になりPBとしての機能が損なわれることになります。また小売店のPB割合の目標値は全商品の15%〜20%程度であり、この割合が増えすぎるとディスカウントストアーとなってしまいます。因みにPB食品が食品市場全体に占める割合は8.8%に上ると推定されています。(参考:AFCForum2009/12)



平成2112月15



  

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM