<< 食糧戦略供。裡30 | main | 消費低迷 No4 >>

消費低迷 No3

 

          目次を作りました。順番に見てね
 





消費の低迷を考えるNo3

消費低迷

PB商品とNB商品

ナショナルブランドnational brand)は、国民的な(national)ブランドという意味で、国民に広く支持を得ている商品のことです。ブランドは有名商品のことですが、有名だからこそ信頼が厚い商品ということになります。ナショナルブランドとは、有名メーカーが製造するもので、メーカーが品質を保証した国民的な商品となります。ナショナルなので全国何処ででも入手が可能な商品で、日常的に消費されるものです。また、全国規模での幅広い商品となりますので、コマーシャルや宣伝なども大々的に行われ、その周知度は高いものとなります。このようなナショナルブランドはメーカーの差別化商品なので収益力も高く、品質や味にこだわりがあり、消費者を充分に満足させるものです。NBではメーカー間の競争も激しく、商品開発や研究費に莫大な費用が発生します。身近なものとしてはビール会社のアサヒやキリンなどの商品があります。ナショナルブランドではメーカーが製造して独自の販売チャンネルで販売を行うためメーカー側が小売価格を決定し、値引きも少ないです。この為基本的には商品で他メーカーと勝負するので価格より内容に重点がおかれているので小売による値引き競争にはなり難いところがあります。

 これに対してプライベートブランドは個人のブランドであり、小売店が主体となったブランド品です。NBがメーカー側であるのに対してPBは小売側からの依頼を請け負って製造するものです。PB商品は小売が販売する価格から逆算して卸値を決めて製造元に発注します。この為販売単価はNBよりも抑えられて低価格設定となっています。ちょっと前までのPBは低価格で品質はそこそこでしたが、最近のPBは品質も向上してきています。これは以前はPBは大手メーカーではなく中小企業が製造していましたが、バブルの崩壊等の景気後退で売上減少を懸念した大手メーカーが製造するようになり品質も向上して、NBよりも安価なPBが消費者に支持されるようになってきました。大手が引き受けるPBでは大手の技術と大量生産でコストを押さえ込んでの商品開発が可能です。しかし、小売でも規模の小さいな所では、販売数に限界があるため大手メーカーでは、製造を引き受けません。そうすると同じPBでも規模が小さいところの品質は劣ることになります。また、大手メーカーでは自社のNB商品と競合することにもなりかねませんが、NBの信頼と高級感、PBの割安感と品質との違いにより客層に応じた販売となるため、充分な収益を確保することが出来ます。

平成2112月14



 

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM