<< インクジェットプリンター | main | ガンマナイフパーフェクション >>

食糧戦略供No20

          目次を作りました。順番に見てね
 




食糧戦略供。裡20 2009,10〜
第二章 流通戦略を考える



固定化 

各流通段階での関係

情報戦略

情報ネットワークの構築

流通戦略においては情報の共有化を柱として、今後の対応(段取り)が出来るようにしていきます。計画的なものでは事前に情報の共有は出来ますが、そうでないもの(随時発生するリアルタイムの情報)については、なかなか共有化は難しくなります。そこで随時情報を吸い上げる為にインターネットを使用します。簡単なものではメールでやり取りをすることも可能です。若しくは専用の書き込み場所をキープすることもいいと思います。これらの情報メールは仲卸が一括管理します。これは各々が全員に送信をしていたら混乱を招くことになるので、仲卸で情報を整理して、全員に情報メールを送信します。仲卸はリアルタイムに送られてくる情報から次の手立てを構築していきます。そして、卸売業者や量販店と細かい調整を行います。この情報は販売戦略や生産戦略にも反映され、安定供給ができる態勢を整えておきます。

 更に情報ネットの活用として横のネットワークも構築します。横のネットワークとは違う産地間との情報交換です。季節によって産地Aから産地Bに移行するとき、産地Aの情報が産地Bに共有されていれば、円滑な産地リレーが行えるようになります。産地の移行では一遍に移行するのではなく徐々に移行していきます。その為一部の時期では産地Aと産地Bが重なります。その重なり具合を上手く行うために産地間の情報交換を行います。また、これらの情報も仲卸に集められ仲卸が調整の役目を果たします。結び付けにおける仲卸の役目は調整役です。

 

 結びつけを円滑にする為には年間を通しての計画表が必要です。各流通過程から収集した情報を一括した表に仕上げます。販売家企画の基づいた生産計画、生産計画に基づいた販売計画どちらから見ても一巡りするような行動予定表です。部分的なものだけではイメージしにくいので一括したものに仕上げることで、問題点や矛盾点などが表面化します。計画に無理がないか、段取りよくリレーできるかなど検証する為にも必要かと思います。頭に描いたものをイメージ化して共有することで、間違った解釈や独りよがりな点を解消します。結びつけの関係強化で重要な役割を果たすのは、調整をする役目を担ったところです。ここが失敗すると全てが上手くいかないことになります。お互いを尊重し意見を交換し、相手を理解し、目的を認識することが大切です。

情報ネットワークの図式化




平成21年11月24日









 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM