<< インド干ばつ | main | 食糧戦略供。裡15 >>

食糧戦略供。裡14

  
          目次を作りました。順番に見てね
 




食糧戦略供。裡14 2009,10〜
第二章 流通戦略を考える


   

食糧戦略

機国内戦略

 ⇔通戦略

 流通戦略を構築するのにあたり、その方法論を検討しなければなりません。方法としては〇挫呂塙愼者を直接結びつける直接流通、∋挫呂塙愼者の間に中間業者が介在する間接流通とがあります。直接流通のメリットは中間コストが削減できる、購入者の声が反映されやすい点ですがデメリットとしては経験が少なく対応に追われる、規模が小さいなどが上げられます。かたや間接流通のメリットは規模が大きく物流規模が大きくなるので効率が上がる、デメリットはコストや時間がかかるなどがあります。

 

比較

 

直接流通

間接流通

流通速度

直接納品

直接納品、間接納品 

交渉先

生産者 購入者

生産者 中間 購入者

販路

1対1

1対複数

販売客数

数個

複数

顧客管理

自己管理

中間業者

効率

交渉

当事者

中間業者

 

 間接流通の特徴は広域で行えることです。そのことを可能にしているのが中間業者の存在です。例えば仲卸は複数の量販店を持っており、その仲卸に卸が納めることで一度に複数の量販店に収める効果があります。直接流通では11の関係なので限定された取引になります。卸売市場の機能は広域に亘り調整が出来ることです。そこで市場における固定化では卸がハブの役割を行い仲卸が量販店との繋ぎ役になります。

間接取引における産地固定化



 産地固定化のイメージが出来たところで、市場流通における固定化について考えて見ます。

固定化においては相方向でのやり取りとなります。現在の市場流通は生産者から消費者までの一定方向での取引でしかありませんでした。しかし、固定化では相方向の結びつきの強化を図ります。産地と消費者のみの直説取引を想像してみると、どれが美味しいの?どのように作ったの?食べた感想は?また食べたい?・・・といったような会話が見えてきます。中間業者はこれらのことを上手く結びつくようにしていきます。ここでの結びつけは「食」に対する結びつけです。単価の交渉は二の次です。また、食べたい。また食べてもらいたい。という双方の喜びの結びつけをテーマとします。売るのではなく「喜んでもらう為の結びつけ」です。喜びはリピーターとなります。結びつけにおいては、明るい挨拶から始まります。挨拶の向こうには心地よさがあるからです。結びつけの基本は挨拶です。今後固定化は、心の結びつけを基本として行動します。



平成21年11月13日








コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM