<< まじめと真剣 | main | ペプチドワクチン >>

食糧戦略供。裡9

  
          目次を作りました。順番に見てね
 




食糧戦略供。裡9 2009,10〜
第二章 流通戦略を考える

 JAから生産者までの社会的影響について資金的な面から考えてみましたが、ではこの様なことを踏まえて今後の青果流通はどのように変化してくるのでしょうか?また、その対応策はどのように講じるべきなのでしょうか?

今後の社会的変化

 重複にはなりますが今後どのような分野が発展してくるのでしょうか?現在大企業が舵を切ろうとしているのは、医療分野、環境分野、農業分野です。

医療分野では、健康の増進・維持、介護の対応、病気に対する治療、医療用ロボットなどです。何れも健康でいられる時間を大切にしようとするものです。健康時間を長く出来ればその分医療費も軽減できます。環境分野では温暖化や異常気象、汚染等に対するものです。つまり地球を自然の形で維持する為のもので、壊れたものを元に戻すには莫大な経費と時間を必要とします。そのようにならない為の事前の対応が必要です。農業分野では、人の生命維持に直接関わる食べ物への対応です。食料危機は過ぎたのではなく始まったばっかりだということを認識しておかなければなりません。農業は健康の維持、環境の維持、食料の確保において全ての分野に共通したものです。ではこの様なことを認識してどのような戦略を立てなければならないのでしょうか?

 

そこでまず今後に求められるいくつかのポイントを抽出してみると

1、産地と消費地の結びつき

2、商材と消費との結びつき

3、健康を重視したもの

4、環境に配慮したもの

5、安定供給

などが考えられます。

 

そうすると、次のステップは実際の流通における落としこみをどのように構築するかということになります。しかし、その前に考えておかなければならないことがいくつかあります。それは流通が何かと言うことです。流通が分らなくてはどのような戦略を考えればよいのか見当がつきません。

 

○流通について考える

取引とは

 商売を考える上での絶対条件は取引の成立です。では取引とは何なのでしょうか。取引の基本は欲しい物と欲しい物との交換です。交換するものがなければ取引は成立しません。欲しい物とは、その人にとって価値のあるものです。その欲しい物と金銭を交換することで取引は成立します。つまり欲しい物の価値を金銭で計ることで価格が決定し、その価格に満足が得られれば取引が成立します。

 取引は、欲しい物の価値=値段という条件が合致したときに成立します。これは物質的な成立を意味していますが、取引には物質的な成立のほかに精神的な成立も含まれています。精神的な成立とは、そもそも取引は物質的なものに対するものではなく双方の満足という精神的なものです。取引での満足は利益の享受です。また、更に取引という行為のみに注目してみると、何のために取引をするかということが問題になります。つまり何に対する満足なのかと言うことになります。それは、その人が抱えている問題を解決することによって得られる充足感という満足です。


取引を整理してみますと

取引=交換=金銭と物品の交換=問題解決=充足感=満足 となります。要約すると取引=満足となります。

取引が多く発生すると次に起こることは物流ということになります。この流れが社会的な規模になると流通と言うことになります。


平成21年10月30日







コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM