<< 食料戦略供。裡錚 | main | ガン粒子線治療 >>

蛍光プルーグ

         目次を作りました。順番に見てね
 




 

がん早期発見

蛍光プルーグ(2009531日 夢の扉より

 がんの治療で優先されることは、早期発見です。現在の医学では数个里發里蓮肉眼での確認となります。よって内視鏡での検査でも場合によっては見逃すこともあるそうです。PET検査においてもミリ単位のがん細胞は発見できないそうです。そこで今研究されているのが「蛍光プルーグ」と呼ばれるものです。これはがん細胞を発見するとがん細胞のみを発光させます。がん細胞には特有の酸が含まれており、その酸に反応して発光するそうです。今までの蛍光プルーグはがん細胞に対してはありませんでした。酸は全ての細胞に存在しており正常な細胞にもがん細胞にもあります。これでは全ての細胞が発光することになるので、がん細胞に引っ付く抗体に蛍光プルーグを運ばせることでがん細胞のみを発光させることが出来るそうです。しかし欠点として時間がかかりすぎるという事でした。

 そこで光るまでの時間を短くすることで手術中においてがん細胞を確認しながら手術ができるようになるそうです。がん細胞特有のタンパク質に反応する蛍光プルーグを直接噴射することでがん細胞を発光させようとするもので、実験では1ミリのがん細胞を切除することに成功していました。しかし、がんの種類によってタンパク質が違うので全てのがん細胞が発見できるわけではありません。

 

この研究は東大准教授 浦野氏とアメリカ国立研究所医学博士 小林氏とアメリカの協力で行われており、5年後には医療機器を含めて患者が望めばできるようにしたいと語っていました。

 

平成211010

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM