<< 優しさ | main | 価値観 >>

相続税

      目次を作りました。順番に見てね
 





 

相続税方式の変更?

現在の相続のときの課税方式は「法定相続分課税方式」と呼ばれるものです。これは各相続人の相続財産課税対象価格を合計して、相続税総額を算出して、その税額を相続割合で按分して各相続人から徴収するものです。しかし、今議論されているのは、民主政権になり相続税の課税方式を「法定相続分課税方式」から「遺産課税方式」に変える可能性があると言うことです。

遺産課税方式では相続財産を相続人に按分する前の段階で課税するもので、課税後の相続財産を各相続人で按分することになります。これは「法定相続分課税方式」だと相続人の人数によって課税総額が変りますが、最初から遺産に対して課税するので税額が変ることはありません。

 

 

法定相続分課税方式(現行の課税方式)

遺産総額から基礎控除額を差し引いた課税遺産総額を、法定相続人が法定相続分を取得したものとして相続税の総額を計算し、相続税の総額を各人の遺産取得割合に応じて按分し、各人の納税額を計算します。

基礎控除額:5,000万円+1,000万円×法定相続人数

法定相続人の人数により基礎控除額が変ります。

他にも小規模宅地等の課税価格の特例や農地の納税猶予等で特例の適用を受ける相続人以外の相続人の税負担も減少してしまうことがあります。

 

遺産取得課税方式(見直し後の課税方式)

相続等により遺産を取得した相続人ごとに別途設定される基礎控除額が控除され、相続税が計算されます。

基礎控除額及び適用税率の見直し等により、相続税の増税傾向が強まるものと思われます。

 

結果として相続税が増える可能性があると言うことですかね。

 

 

平成21930


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM