ガンマナイフパーフェクション

 

          目次を作りました。順番に見てね
 





ガンマナイフ パーフェクション

ガンマナイフとは定位的放射線外科治療のことで、最新のコンピューターを使いガンマ線を照射して脳の奥深く出来たガン腫瘍を壊死させるものです。今までの外科手術ではメスを使用して腫瘍を直接切除して取り除くものでしたが、ガンマナイフでは放射線を照射するためメスを使用することなく、患者にとっての負担を軽減します。メスによる外科手術では取り除くことが出来ずに一部でもがん細胞が残ると増殖して再発する可能性がありました。ガンマナイフでは患部に集中してガンマ線を照射するため、恰もメスで切り取ったような正確さで手術をします。このためメスを使用することはないのですがガンマナイフと呼ばれています。ガンマナイフ治療では1ミリの狂いもなくガンマ線を患部に照射するため、患部の治療設計図を作成しなければなりません。この設計図に基づいてコンピューターによりガンマ線を正確に照射します。

ガンマナイフが威力を発揮するのはメスで取り除くことが困難な神経が絡まった部分脳の内部に入り込んだ腫瘍に対して特に効果があります。ガンマナイフによる治療法が適しているのは「聴神経腫瘍」「髄膜腫」「下垂体腫瘍」「転移性脳腫瘍」やクモ膜下出血の原因にもなる「脳動静脈奇形」などで高い効果が得られています。ガンマナイフでの手術ではメスを使用しないため1時間程度で済みます。実際にガンマ線を照射するのは十数分程度です。ガンマナイフで治療した痕跡をMRIで見ると、腫瘍の大きさに変化はなく腫瘍の増殖が抑えられていることが分かります。ガンマナイフの目的は腫瘍の消滅ではなく腫瘍の抑制であり痕跡は残りますが、腫瘍内のガン細胞は死滅しており現状より腫瘍が大きくなることはなく再発する恐れがありません。

 

現在、日本国内でガンマナイフを設置している施設は全国に53箇所あります。病院の所在地やガンマナイフについての詳しい説明は日本ガンマナイフサポート協会をご覧ください。

 

ガンマナイフパーフェクション

有能なガンマナイフでも弱点があり、ガンマ線が届かずに照射できない部分があります。このためガンマナイフでの治療は脳の上部位に限られていました。この弱点をなくしてガンマ線の照射範囲を頭蓋骨全てに出来るようにしたのがガンマナイフパーフェクションです。パーフェクションは守備範囲が脳全体になるため深部にある腫瘍に対しても治療を行うことが出来るようになりました。現在国内には3台のパーフェクションが稼動しています。


ガンマナイフパーフェクションの設置病院
200911月現在)

古川星陵病院

宮城県大崎市古川南町3−1−3−5 0229-23-8181


横浜労災病院

神奈川県横浜市港北区小机町3211 TEL 045-474-8111


熱海所記念病院

静岡県熱海市昭和町20-20 0557823000

 

新日鉄八幡記念病院 2010年予定

福岡県北九州市八幡東区春の町1丁目11 0936723176

 

 

因みにこの記事は20091115日放映 「夢の扉」からです。

番組の中での主人公 林基弘氏のページは

ガンマナイフカフェ 林基弘 東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科

 

平成211125

 


ガン治療ウイルス

          目次を作りました。順番に見てね
 





 

ガン治療ウイルスG47デルタ

 東京大学付属病院が2009810日再発した悪性脳腫瘍の患者に対して遺伝子組み換えウイルスを使ってガンを治療する臨床試験を始めると発表しました。

 これはウイルスを使ったガン治療で、再発した悪性脳腫瘍治療を対象としたものです。悪性脳腫瘍の一種の膠芽腫(こうがしゅ)の治療を目的としたもので、膠芽腫は国内で年間10万に1人が発症すると言われております。腫瘍が再発し治療の手立てがない症例を対象として行われます。投入するウイルスは口の周りなどに水泡をつくるヘルペスウイルスの三つの遺伝子を組み換えてつくった、増殖型遺伝子組換え単純ヘルペスウイルスG47Δ(デルタ)を用いります。注入したウイルスが細胞に感染した際、ガン細胞でだけ増殖するように工夫されており正常な細胞では増殖できません。これまでのウイルスを使ったものでは、ウイルスを運搬役にしてガン細胞の増殖を抑える遺伝子を運ぶものでしたが、今回の治療方法はウイルスそのものが増殖して次々にガン細胞を攻撃し破壊するものです。また、ウイルス治療では脳腫瘍のほか前立腺ガンや乳ガンにも使える可能性があるとしています。

 

記事

http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/news/post_1166_p.html

ウイルス詳細

http://www.h.u-tokyo.ac.jp/upload/r20090810173512.pdf

臨床試験

http://trac.umin.jp/hospital/ct/G47Delta.html

 

その他のウイルス治療

単純ヘルペスウイルスHF10

名古屋大学医学部付属病院

http://www.med.nagoya-u.ac.jp/surgery2/virus_therapy/HF10_hokoku.html


平成21年11月4日


ペプチドワクチン

  
          目次を作りました。順番に見てね
 



 

ガン免疫療法

ペプチドワクチン療法とは

 最近では外科的治療のほかにも、人間が持つ元来の力を増幅させてガンに勝とうとする研究が進んでいます。その一つにワクチンがあります。ワクチンは免疫力を強化するものでガン細胞をより見つけやすくし免疫細胞のガン細胞への誘導を高めたりします。免疫力の強化は、リンパ球等の攻撃力そのものを高めるのみならず、悪い細胞を発見しやすくしたり、活性度を高めたりすることを総じて指しています。

 医学的に免疫とは、自分の身体の細胞(自己)と身体の外から侵入した異物:ウイルス、細菌など(非自己)を区別し、非自己を速やかに身体から排除しようとする仕組みのことです。ガン細胞は、元々自己の細胞ですが、暴走して増殖を繰り返すため、免疫機能は非自己と認識し排除しようとします。
 ガンに対する免疫機能では、キラーT細胞がガン細胞の表面の小さな蛋白質の断片を見つけ、その蛋白質を目印としてガン細胞を攻撃し、ガン細胞を死へと追いやります。この目印となる小さな蛋白質を「抗原」といい、キラーT細胞はこの抗原の中のごく小さな断片を見つけだします。一般に蛋白は、数百〜数千個のアミノ酸でできているのですが、キラーT細胞が見つけだすのは8-10個のアミノ酸でできた部分です。このごく小さな断片を「ペプチド」と呼びます。ペプチドワクチン療法では、このペプチドを多く見つけて活用することでガンを治療するものです。この小さなペプチドは人工的に合成することが可能で、体内に投与すると、ペプチドによって刺激を受けたキラーT細胞が活性化し、さらに増殖してガン細胞を攻撃するようになります。この性質を使ってガン細胞を排除させようとする治療法を「ガンワクチン療法」といい、「ペプチド」を薬剤として使用する治療法を「ガンペプチドワクチン療法」と呼びます。

 それぞれの部位にあったペプチドを合成することで、その部位のガンの治療をします。また、いくつかのペプチドを使用することでその人に合った治療もできるそうです。更に、ペプチドの活用としてC型肝炎等にも利用されています。


ペプチドワクチン治療を研究している機関(現在は臨床試験の状態です)


久留米大学

http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/sentanca/examine.html#no2


福島県立医科大学

http://www.fmu.ac.jp/home/surgery1/peptide/


大阪大学

http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~hmtonc/vaccine/


ペプチドワクチン研究施設一覧

http://www.m-clinic.jp/peptide.htm


がんサポート情報センター

http://www.gsic.jp/



平成
211031

ガン粒子線治療

         目次を作りました。順番に見てね
 




  

がん治療

粒子線治療(平成21419日 夢の扉より)

 放射線治療や外科手術で治せなかったがんを治療することも出来るとか。番組内で肝臓がんが12cmあった患者が半年で3分の2に、1年で半分そして1年半消滅したそうです。その病院での粒子線治療では、他の病院が治療できないと言われた患者さんが4割を占めるそうです。

 

今までの放射線治療では患部に到達するまでに他の正常な臓器にまで影響を与え、幹部に到達したときには放射線の力が弱まっており治療効果が薄れていました。しかし、粒子線治療は体の深部まで到達し、しかもその部分のみに放射線を照射することが出来ます。また、大きながんではその大きさにあった放射線量を集中的に当てる必要性がありますが、粒子線治療ではそのポイントを集中的に攻撃できるので大きながんの治療に適しています。

番組内での患者の症例で、鼻と目の間に3cmの腫瘍で悪性黒色腫と診断された患者さんが来院されていましたが、他の病院では手術をしても全摘出は難しく、また放射線では目に近く悪影響を与えるので使用できないというものでした。そかし、粒子線治療では誤差1ミリ以内で照射が可能ということで治療が行えました。

しかし、粒子線治療はどこの部位のがんに対しても万能ではなく、胃や小腸、大腸などの薄い臓器に対してはエネルギーが強すぎて、その臓器に穴を開けるので使用が出来ません。また、他の問題点としては治療が出来る医療が少なく数箇所しかありません。また、その治療費は300万程度と高額で保険の適用を受けません。さらに施設建設費用が100億〜300億円もかかり国や県の補助がないと困難なものです。

 

粒子線治療とは

粒子線治療は、陽子や重粒子の粒子放射線のビームを病巣に照射することによって、がんを治す治療法です。利用する粒子の種類によって、陽子線治療、重粒子(重イオン)線治療に分けられます。陽子線治療では、水素原子の原子核であり、正の電荷を持つ陽子を加速して高速にしたものを体内に照射します。粒子線治療については、1946年にWilsonというアメリカの物理学者が「高速陽子線の医学への応用」として陽子線のがん治療への応用を提唱し、1954年にアメリカのローレンス・バークレイ研究所で陽子線の治療への応用が開始されました。物理研究施設の加速器から得られる陽子、ヘリウム、パイ中間子やネオン等の、重粒子によるがん治療の研究が、現在治療に用いられている粒子は陽子と炭素の2つです。

粒子線治療は、サイクロトロンやシンクロトロン等の加速器から得られる陽子線や重粒子(重イオン)線を、がんという標的にねらいを絞って照射する治療法です。粒子線のうち電荷を持つもの(荷電重粒子線)の特徴は、一定の深さ以上には進まないということと、ある深さにおいて最も強く作用するということです。これらの特徴から、陽子線や重粒子(重イオン)線では、光子線に比べてがん病巣にその効果を集中させることが容易になります。したがって、がん病巣周囲の組織に強い副作用を引き起こすことなく、十分な線量を照射することができます。(国立がんセンターHPより

 

 

粒子線治療病院

重粒子線:

千葉県放射線総合医科学研究所茨城県放射線総合医科学研究所那珂湊支所・       兵庫県立粒子線医療センター群馬大学(臨床)・神奈川県立がんセンター(2014年計画)

 

陽子線治療:

筑波大学千葉県国立がんセンター東病院兵庫県立粒子線医療センター静岡県立静岡がんセンター福島県総合南東北病院(民間)・福井県立病院

鹿児島県指宿市メディポリス医学研究財団(2011年4月)

 

 

 

ガンになる前の日常の生活が大切です。ガンも生活数看病の延長線上にあるのではないでしょうか?

 

平成211013


蛍光プルーグ

         目次を作りました。順番に見てね
 




 

がん早期発見

蛍光プルーグ(2009531日 夢の扉より

 がんの治療で優先されることは、早期発見です。現在の医学では数个里發里蓮肉眼での確認となります。よって内視鏡での検査でも場合によっては見逃すこともあるそうです。PET検査においてもミリ単位のがん細胞は発見できないそうです。そこで今研究されているのが「蛍光プルーグ」と呼ばれるものです。これはがん細胞を発見するとがん細胞のみを発光させます。がん細胞には特有の酸が含まれており、その酸に反応して発光するそうです。今までの蛍光プルーグはがん細胞に対してはありませんでした。酸は全ての細胞に存在しており正常な細胞にもがん細胞にもあります。これでは全ての細胞が発光することになるので、がん細胞に引っ付く抗体に蛍光プルーグを運ばせることでがん細胞のみを発光させることが出来るそうです。しかし欠点として時間がかかりすぎるという事でした。

 そこで光るまでの時間を短くすることで手術中においてがん細胞を確認しながら手術ができるようになるそうです。がん細胞特有のタンパク質に反応する蛍光プルーグを直接噴射することでがん細胞を発光させようとするもので、実験では1ミリのがん細胞を切除することに成功していました。しかし、がんの種類によってタンパク質が違うので全てのがん細胞が発見できるわけではありません。

 

この研究は東大准教授 浦野氏とアメリカ国立研究所医学博士 小林氏とアメリカの協力で行われており、5年後には医療機器を含めて患者が望めばできるようにしたいと語っていました。

 

平成211010

血管内治療

目次を作りました。順番に見てね

夢の扉 平成19年1月21日、平成19年1月28日放映から
ガンとの闘い
血管内治療
 これはカテテールを駆使して、血管内(動脈)から抗がん剤を注入して、頭のてっぺんからつま先までのすべての癌に対応しようという独特のものです。血管内から直接患部に抗がん剤を注入するため、健康な箇所への副作用がなく、癌の血管新生を食い止めると同時に癌へのエネルギー補給を断つものです。エネルギーの補給路を断たれた癌細胞は縮小していきます。血管内治療なので手術をしたり、放射線を使用したりすることはないそうです。また、入院の必要性もない日帰り治療です。日本国内では血管内治療唯一の病院です。放映の中ではほとんどの患者さんがステージ4レベルでした。また、癌も1箇所ではなく進行癌で多数に転移をしていたりしています。さらにリンパや骨に転移した癌の治療も行っていました。骨に転移した癌でも骨に血管を伸ばしてエネルギーの補給をするということでした。
 番組内で使用していた抗がん剤には、国内で認可されていない薬も使用していました。そのため保険も使うことができない自由診療です。自由診療なので治療費も1回当たり40万程度するそうです。

横浜市都筑区クリニカET(ETは血管内治療の略)
奥野哲治 医師
http://www.etclinica.com/top.html
目次を作りました。順番に見てね

ガンと代替治療No7

目次を作りました。順番に見てね

健康食品等のお薦めサイト                   免疫活性健康食品
専門健康食品
トランスファー・ファクター・・・・NK細胞を驚異的に活性化 ロシア医療科学発表
製造販売会社  4ライフリサーチジャパン
因みに4LifeのサイトではNK細胞の活性率は、
   製品名  4Lifeトランスファーファクタープラス  437%
         アガリクス(ベータグルカン)       48%
 検索:「トランスファーファクター」でわかり易い説明のところもあります。
尚、最近のNK細胞活性研究で、森林浴がNK細胞を約40%も活性することが解明されています。

ドナリエラ・・・・天然カロチノイドが人参の900倍(抗酸化が強い)
販売先 ケンコーコム サプリメント       
    要注意:肺がん患者の方が飲むとガンが増進する可能性があります。
ドナリエラ ハードカプセル20粒
ドナリエラ ハードカプセル20粒
「ドナリエラ ハードカプセル」は、天然カロチノイドをカプセルに詰め込んだ栄養食品です。天然カロチノイドは緑黄色野菜に含まれている成分です。「ドナリエラ ハードカプセル」は、ニンジンの900倍以上の天然カロチノイドを含有しています。まさにスーパー緑黄色野菜と呼ぶにふさわしい栄養食品です。手軽に野菜の栄養素を摂りたい方に最適です。入り数は20粒のほかに200粒、60粒があります。
マイクロアルジェとは、「微細藻類」という意味です。藻類といえば昆布やワカメ、海苔などを思い浮かべますが、その中でもっとも有名なマイクロアルジェが、「クロレラ」・「ドナリエラ」です。
  

日田天領水・・・・抗酸化力のある水として奇跡の水と言われている。
          体の中の過剰な活性酸素を消去する天然活性水素を豊富に含んでおり、
          その含有量は「ドイツノルデナウの奇跡の水」、「メキシコのテラコ
          テの水」、「フランスのルルドの泉」よりはるかに活性水素の含有量
          が多い天然活性水素水と言われています。
  製造元:蠧田天領水
  販売元:タッチエクスプレス
        
AHCC・・・免疫賦活物質と知られているAHCCもキノコ系免疫賦活性です。AHCCは        
       インターロイキン-12(ガン抑制サイトカイン)を誘導して、抗ガン作用
       を発揮します。しかし、弱点として長期にわたりインターロイキン-12を
       誘導できないことです。インターロイキン-12が重要なのはキラーT細胞を
       活性化するサイトカインであるからです。
       AHCCという名称はActiveーHemi-CelluloseーCompound(活性ヘミ 
       セルロース集合体)という語の頭文字に由来します。
販売先 ケンコーコム サプリメント
AHCC イムノエースAHCC イムノエース
 AHCC(アクティブヘミセルロースコンパウンド)はひと口にいえば「キノコに由来する機能性物質」ということです。高度なバイオ技術によって培養された複数のキノコ(担子菌類)の菌糸体から抽出されたもので1981年に開発されました。
イムノエースは担子菌を大型タンク培養法にて発酵し、特殊な酵素でさらに分解し、独自の製法で抽出・精製した植物性多糖類加工食品です。
毎日の健康を維持するために食生活は大切な一要素を担っています。バランスの良い食生活を送るのが理想ですが現在の食環境ではなかなか難しいものです。
イムノエースは活性化された 多糖類をはじめとする様々な成分が含まれており、健康維持とバランスのとれた食生活づくりをサポートします。マイクロ顆粒が1.5gずつ入った分包状になっています。


D―12・・・配糖体加工食品・D−12(Dimer Twelve)は、医学博士・宇野克明氏をはじめ
       とした専門グループによって共同研究された日本初のドクターデザインの健康
       食品です。D−12には、ハーブ系成分の非キノコ系多糖類や微生物由来の多
       糖類、還元性グルタチオンやシステインを中心にしたアミノ酸複合体、微量元
       素がバランスよく配合されており、アガリクス、霊芝、メシマコブなどのきの
       こ系多糖類の働きを補完し高める作用があります。
発売元 イムノサポート
D-12D-12
    
CS−82・・D-12の開発者である医学博士・宇野克明氏が開発。規格・高力価であり、かつ
      単一のキノコ系多糖類成分からなる新規成分です。そして同時にがんの成長を
      助長しがちな悪物質を低下せしめる効果(キレート効果)も期待された新規物
      質それがCS-82です。
発売元 イムノサポート
取り扱い先  イムノドックでも扱ってますよ
       


一般的免疫賦活食品
フコイダン     TNF-α、IFN-γ活性によるNK細胞、B細胞の活性
プロポリス     キノコ系多糖類
アガリスク     IL-12の活性によるキラーT細胞の活性
ノニ        免疫のほか栄養も高い
            販売元 ノニ屋ノニ ジュースの栄養類はローヤルゼリーの40種類、プロ
           ポリスの110種類に対して、ノニジュースは150種類以上で、更年の
           あなたにおすすめです
サメ軟骨      抗腫瘍効果(血管新生の阻害)

健康基礎食品
 植物ミネラル・・人体構成の最小単位の栄養素 不足すると代謝機能、免疫機能が低下する。植物により一度大地から吸い上げられたミネラルです。 サイズは0.001ミクロンで金属性ミネラルの1000分の1以下の大きさです。 赤血球の7000分の1のサイズです。 吸収率は98%と驚異的であり、マイナスに帯電しているため体内でプラス帯電している食品添加物、排気ガス、大気汚染、薬の残留物・タバコ・アルコールの有害・有毒物質などを体外に排出してくれます。アメリカの研究家で2度ノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士は、「人間の細胞は、老化が早まるのを避けるため、プラント・ディライブド・ミネラルに含まれる72種類以上のミネラル成分を実際に必要とする」といっています。植物系総合ミネラルには、1リットルあたり、40,000ミリグラムのミネラルが含まれています。しかもその中には、70種類以上ものミネラルが含まれているので、単一で摂るよりも様々な面での効果が期待できます。
ミネラルは私たちの身体にとって必須栄養素であり、これがなくては私たち人間は生きていけません。
商品名   植物ミネラル
 これはいいですよ。私も愛用してます。野菜51と併せてとると尚いいです。
販売先 アートグレミオ
book
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす

          
酵素・・・・・人体の代謝機能に不可欠なもの(栄養を整えることで免疫も高まる)酵素には、食物を消化して栄養として吸収する「消化酵素」と体を作ったり修復したりする「代謝酵素」があります。そして食物自体には「食物酵素」があり、植物の酵素は人の酵素となじみやすい性質をもっています。酵素がなければ免疫も向上しません。体の機能を支えているのは酵素のお陰です。
商品名   海の精
参考 HP ナカヤマ手作り酵素教室 「海の精」はここで紹介されています。
参考 HP  酵素栄養学 酵素のことを詳しく学べます。 http://www.kenyo.net/koso/index.htm

ビタミン・・・補酵素でもあるビタミンは、ご存知のようにミネラル、酵素と同じく必要
       不可欠なものです。ビタミンでも水溶性のビタミンは取りすぎても排出さ
       れるので心配は要りません。また、日本のサプリは成分の含有量自体が低
       いので必要摂取量を把握して購入することをお薦めします。
大正製薬のネィチャーメードはバランスも取れていて、吸収を助ける栄養素も含まれているものもあります。

ガン検診
 がんの専門検査で知られているのは、PET検査ですが、他にもいろいろあります。
・PET検査
 検査方法 :ガン細胞に集まるブドウ糖を調べる
 弱 点  :一部発見できない箇所もある
 検査レベル:ミリ単位

・Oリング検査(BORT検査
 検査方法 :異常細胞の電磁波を調べる
 弱 点  :良性、悪性が分らない
 検査レベル:ナノレベル
詳しくは706ガン・COM
検査機関としては刺絡療法を行っているところでもできる?(長崎 田島病院など)

・イムノドック(細胞性免疫検査)
 検査方法:免疫細胞を調べる
 詳しくは   免疫研究センター
 検査機関   イムノドック解析センター
私も受けてみました。自分の免疫の状態が良く解かりました。また、腫瘍マーカーも検査項目でした。

病院紹介
・刺絡療法・・・自律神経の活性による免疫の向上
       治療が行える病院  自律神経免疫療法(刺絡療法)

       著名医師      安保徹 福田稔
       BOOK       免疫革命
       刺絡療法を行う病院ではOリング検査が行われています。

丸山ワクチン・・混合ワクチンによる免疫活性
        日本医科大付属病院  丸山ワクチン  
        治療が受けられる病院
最近では希望すれば取り扱ってくださる病院も増えてます。まずはかかりつけの病院でお尋ねください。             

イムノドック・・D-12などを使用する免疫療法
        主従医がいる病院  免疫研究センター   
        医師     宇野克明
        検査機関  イムノドック 
        BOOK        最強免疫賦活食品「D-12」の秘密
                    腫瘍免疫の最前線から生まれた「HIMC」 
                   いずれも ハート書房ふるさと文庫
本が表示されない場合は、そのページ上部で「ふるさと文庫」を検索してください。

ハスミワクチン・・・病院 珠光会診療所

        
ガンなどの病気にならないためには、
健康の基礎である良質の「ミネラル、ビタミン、酵素、アミノ酸」が必要。
化学合成物質の入った食品を摂取しない
良質な野菜の摂取
食全体のバランス
適度な運動
充分な睡眠
 
「皆様方の健康を祈って」、参考にしてください。
 まだ、探せばいろいろとありますよ。薬品名とか単語で検索をするとヒットしやすいです。                                 

参考本

目次を作りました。順番に見てね

ガン医療のスキマ30の可能性―大病院はなぜか教えてくれない
ガン医療のスキマ30の可能性―大病院はなぜか教えてくれない
伊丹 仁朗

ガンに対する意外な方法とか、どのようなことに気をつけたらよいかとか、いろいろな観点から書かれており、とても参考になります。例えば胃薬の「イルソグラジン」が血管新生抑制に効果がるとか放射線治療のピンポイント照射でもガンマナイフとサイバーナイフなど最近の技術などもあります。


アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン

またまた、この本もすごい。この本はガンにかかわらず読んでおくと健康管理に役立ちます。私が植物ミネラルを飲み始めたきっかけの本です。今では肝数値も安定、風邪引いても熱が出ないなど、はっきりと毎日の生活で自覚するものはありませんが、なんとなく健康です。健康って健康と感じることではなく病気を感じないことかなと思います。

免疫革命
免疫革命
免疫に興味を持つきっかけの本です。この本で治癒力が何か解かりました。自分の健康と前向きに向き合え、不安を払拭できました。


これから先の本は「ハート出版のふるさと文庫」です。書店ではないものです。1冊250円程度で、小さめの本です。
専門的な本ですが解かり易いです。
「亜鉛は糖代謝・成長・味覚に必須のミネラル」
「ガン・難病治療に有機ゲルマニウム」
「最強免疫賦活食品D-12の秘密」
「腫瘍免疫の最前線から生まれたHIMC」
「ガン治療に奇跡をおこすメカブフコイダン」
「免疫細胞を活性化するベータ・グルカン」
「驚異の酵素パワー」
「80%癌治療を目指すサメ軟骨+キノコ」
「微量でも驚異の貢献度各種ミネラルの働き」               
目次を作りました。順番に見てね


ガンと代替治療No6

目次を作りました。順番に見てね

ガンと代替治療No6   
ガンにならない為の体質改善
 ガンにならないためには、体質の改善が必要です。体質は生まれながらのものと認識されていますが、年をとると急に花粉症になったりするのは体質が変わるからではないでしょうか。体質が悪くなるなら良くもなるはずです。体質改善とは、免疫の維持と免疫の向上ではないでしょうか。その為には、免疫活性の高い健康食品をとり続けることをお薦めします。栄養基礎食品(ミネラル、ビタミン、酵素、アミノ酸)の摂取を行い、不足する栄養素についてはサプリメントで補うようにします。しかし、なるべく自然に近いものがベストです。また、抗酸化力のある食品も同時に摂取することが必要です。
免疫低下の原因と要因
原因
.螢鵐儺紊慮詐
活性酸素の害
キラーT細胞の弱体化
ぬ髪嵳淦物質(IAP,TGFβ、IL-10など)の増加
要因
_知陲砲茲
化学物質の害
ストレス
ぜ然食品の栄養価の低下

免疫のコップ
 人間には、ひとそれぞれの免疫のコップ(毒素を入れるコップ)があり、このコップに化学物質やストレス、酸化物などの悪玉を貯めていきます。しかしコップがいっぱいになり、こぼれだすとアレルギーなどの不快な症状として現れ、時には命を脅かすまでになります。薬などによる治療では、別の免疫のコップを用意して、その中に新しい悪玉を入れていくのではないでしょうか?。しかし、これも一杯になると病状は悪化していきます。よく聞くのはステロイドの害ですが、ステロイドは体内に蓄積され、溢れるようになると、更に悪化するという悪循環に陥ります。そこで、ステロイドを止めて免疫治療などを施すと、「好転反応」といって体の毒素、つまり免疫のコップを掃除する為、その有害物質が体外に吹き出物として出てきたり痛みを伴ない、逆に悪化したと思われるまでなります。しかし、3ヶ月ほど過ぎると症状は一転して、好転になって行きます。一般に言われている好転反応は3ヶ月程度です。
 免疫のコップから不純物が溢れないように、日常の生活で化学物質などを体内に取り入れないようにするとともに、食事のバランスをとり、免疫の向上に努めれば、免疫のコップをうまく使える筈です。

サプリメント
 食事の基本は、自然なものを、自然な形で摂取することですが、現代においてはそれも不可能な状態になっています。どうしても足らない栄養素を栄養補助食品(サプリメント)から補うことで、栄養のバランスを取ることができます。このようなことでも免疫のコップに無闇に有害物質を入れることを防げます。
 ミネラルは、人間が必要とする基本的な5つの栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)のうちのひとつで、必要とされる量はわずかでも、不足すると人間の体には深刻なダメージが生じてしまいます。例えば、糖尿病や低血糖症は、「クロム」や「亜鉛」及び「バナジウム」等のミネラルが不足していることと関係しています。また、ガンや心臓病は「セレン」や「銅」、骨粗ショウ症は「カルシウム」、「マグネシウム」、「ホウ素」等のミネラル不足に起因しています。また、ビタミン、酵素、ホルモン等、体の重要な機能を司る成分は、実は「ミネラル」がないと働くことができないのです。このため、ミネラルは「エネルギーの通貨」とも呼ばれています。

ミネラルは精製方法により種類によって三つに分類できます。
◆金属性ミネラル
 カキの殻、炭酸カルシウム、石灰岩、粘土、海水の塩などを原料としたミネラル。日本で市販されているほとんどのサプリメントはこのタイプで、吸収率は8〜12%程度と言われています。このタイプのミネラルは、多量に摂取すると人間の体に害をもたらします。
◆キレートミネラル米国を中心とした健康食品業界が、  「多量摂取による害」という問題を解消するべく開発したミネラル。アミノ酸やタンパク質で包むことにより、新陳代謝を良くし、吸収率を40〜50%程度にアップさせたもの。吸収率が向上したとはいえ、中身は金属製ミネラルですので、やはり、摂りすぎはよくありません。
◆植物性コロイドミネラル
 吸収率98%を誇り、体にまったく害を及ぼさない植物性のミネラル。吸収率の高さの秘密は、ガラスを通り抜ける程の「超微粒子」。赤血球の7000分の1というサイズのため、毛細血管から体の隅々までスムーズに行き渡り、ビタミン、ホルモン、酵素などを活性化することができます。

健康食品の機能とは
 ガンの効用として知られる健康食品や漢方薬は沢山ありますが、これらは全て直接ガンを攻撃するものはありません。ガン細胞を発見しやすくして目印をつけたり、血管の新生を抑制したり、免疫システムを活性してリンパ球の攻撃力を高めたり、リンパ球の数を増やしたりするものです。つまり、攻撃の補助を行うことで、体内のガン攻撃力を活性化させるものです(これを免疫賦活物質といいます)。勘違いをするのは、例えばアガリスクがガン細胞を攻撃するといったイメージを持っているということです。ガン細胞を攻撃するのは自分の体内に存在する防御システムだけなのです。よって、免疫力の低い人がアガリスクを飲んだとしても効果があるとは限らないのです。重要なのは普段の食事から免疫を高めておくことです(免疫を低下させないこと)。免疫を高めておくと、ガンにかかり難いのです。ガンにかかってからでは遅いのです。ガンにかからない体質を普段の生活で獲得することが大切なのです。病は予防でしか防げないのです。病気になる前に自分の体の状態を把握して、それをコントロールすることが大切です。病気になる前に病気を知っておくことで、病気への対応ができ、その対応の幅も広がります。怖いから調べないのでなく怖いから予防することが大切です。病気になって考えても脳は正しく機能しません。パニックらないためには事前の勉強が必要です。健康とは予防であり、事前の病気に対する正しい知識が重要なのです。


筋肉とBCAA
 ガンが進行すると筋肉が衰え痩つれたりしますが、今まではガンによる栄養不足による失調と考えられていましたが、最近の研究では、ガンが筋肉を攻撃しているという研究結果が発表されました。ガンの患者の中には肝硬変から進行する方もいます。
ここでは肝臓と筋肉の関係を説明します。
 肝機能が低下すると、肝臓のエネルギー源となる糖を作り出す「糖新生」の機能が低下します。すると代わりに体内のBCAAがエネルギーとなります。BCAA(分岐鎖アミノ酸)は体内で合成することができないアミノ酸で、不足すると低栄養状態になります。また、肝機能が低下すると筋肉でアンモニアの解毒を補うようになります。その際にもBCAAを利用するため、体内のBCAAが不足していきます。この結果低栄養状態が起こりさらに悪化していきます。低栄養状態を改善する為には「健康食品のBCAA」を摂取したり、「レイト・イブニング・スナック(就寝前軽食)」がよいとされています。しかし、アミノ酸を取りすぎてタンパク質が過剰になろと、タンパク質を処理するときに生産されるアンモニアが多く発生し、肝性脳症を引き起こすので、充分な注意と医師の指導が必要です。

・レイト・イブニング・スナック(就寝前軽食)
 肝機能の低下により、肝臓でのグリコーゲンの蓄積能力も低下します。夕食後から朝食までのなにも食べない間は、グリコーゲンがエネルギー減となる為、肝臓のグリコーゲンが不足していると、体は低栄養状態から更に飢餓状態になります。また、筋肉中のアミノ酸や脂肪を分解してエネルギー源とするため、筋肉量が減り病気の進行を早めます。そこで、昼食や夕食を減らしたうえで、夜寝る前に胃にもたれない程度の軽食200kcal分食べるレイト・イブニング・スナック(就寝前軽食)が有効です。

・BCAA
 BCAAとは、9種類の必須アミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソロイシンはその分子構造の特性から分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids))と総称された頭文字「BCAA」のことです。BCAAは食物タンパク質に含まれる必須アミノ酸の50%、筋タンパクに含まれる必須アミノ酸の約35%を閉め、筋肉を構成している筋細組織の主成分です。
 BCAAは筋細組織の素材になって、筋肉作りに役立ちます。激しい運動をおこなうと、筋肉中のタンパク質が分解されBCAAがエネルギー源として利用されます。そこにBCAAを補給すれば、筋肉の損傷を素早く回復し、筋肉痛や筋肉疲労の防止に役立ちます。さらにBCAAは血中乳酸値を抑える効果があり、筋肉疲労を防ぐ働きがあると言われていますが、同時に主観的疲労感、つまり気力や集中力の低下も防止すると考えられています。

・筋肉トレーニング
 このように病気になると筋肉に影響を与え、筋肉が劣れると病気を進行させます。そこで軽度の筋肉トレーニングが必要になります。手と手を合わせて両方から10秒程度力を入れて押し合ったり、椅子に座り足首を交差させ上部の足に力を入れて引いたりすることで、筋力の低下を防げます。筋力の低下防止は病気に対する攻撃でもあるわけです。人間は病気とは全身で戦います。よってその戦士の一員である筋肉の低下は病気への敗北へとつながっていきます。最低限の軽い運動ができる程度の筋肉は維持したい者です。

ガンなどの病気にならないためには、体質の向上を図りましょう。
健康の基礎である良質の「ミネラル、ビタミン、酵素、アミノ酸」が必要。
化学合成物質の入った食品を摂取しない
良質な野菜の摂取
食全体のバランス
ァ‥度な運動 


くれぐれも専門医と相談の上行ってください。その人の状態や時代の変化で治療は変りますので。

                             




ガンと代替治療No5

目次を作りました。順番に見てね

ガンと酸化
 一般的にガン患者の体は酸化しているそうです。ガンを撃退するためには体を酸化から防ぐ必要があります。
以前の記載をご覧ください
抗酸化作用=活性酸素の種類と除去物質について記載
活性酸素=活性酸素の発生原因について記載


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM