健康食品No6

 目次を作りました。順番に見てね
 


健康食品No6

 

生鮮食品の栄養成分表示について

 最近の消費者の健康志向を受けて機能性のある野菜の栽培が行われ、特定の栄養成分含有量に特徴のある野菜が流通し始めています。しかし、その表示はどのようにしたらいいのでしょう?

 

栄養表示基準に定められた基準に従い適正な表示を行う場合には、生鮮食品に含まれる栄養成分の含有量などに関する表示を行うことができます。栄養表示基準にない成分についても表示は可能ですが、食品の成分の表示が実際の成分の含有量と著しく異なる場合には、健康増進法の「虚偽誇大表示」に該当するので注意が必要です。また、生鮮食品の表示に関しては、健康増進法のほか、JAS法、景表法なども適用されますので注意が必要です。

生鮮食品の中でも作物栽培では、栄養成分の含有量にばらつきが出やすいという特徴があるので、その品種の特性や栽培方法、施肥設計などを理解したうえで、栄養成分の含有量を安定的に確保する為の栽培管理を行うとともに、表示に当っては栄養成分含有量を定期的に検査して、表示が適正になされていることを確認することも必要です。

 

参考

厚生労働省の栄養表示基準に基づく栄養成分表示のHP

 

厚生労働省の「健康食品」に係る虚偽・誇大広告等の禁止のHP

 

 

生鮮食品の栄養成分の表示

 生鮮食品の成分表示にあたっては、その作物全体にいえる一般的な特徴と当該品種特有なものとがあります

1、その生鮮食品の一般的な特徴についての表示

・○○には△△成分が多く含まれる食品です。

・○○には△△成分が××mg含まれています(「日本食品標準成分表」より)

みかんの場合

その食品本来の一般的な性質として当該栄養成分を多く含んでいるような場合には、強調表示を行うことは可能です。しかしながら、単に「高ビタミンCみかん」などと表示すると、そのみかんが他のみかんよりビタミンCが多いと誤認を与えるおそれがあります。従って、「みかんはビタミンCが豊富な食品です」というように、みかん全体が高ビタミンC食品であることを表した表示にする必要があります


平成21年7月9日
 


健康食品No5


目次を作りました。順番に見てね
 


健康食品No5

 

栄養機能食品

 栄養素(ビタミンやミネラル)の補給の為に利用される食品で、栄養素の成分・機能を表示して販売される食品です。栄養機能食品は栄養の働きが身体へよい影響を与えることを期待できると認められたもので、一日あたりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、定められた上下限値の範囲内でなければならなく、栄養機能表示だけではなく摂取についての注意事項等を表示する必要があります。栄養機能食品は、特定保健用食品とは違い更生労働大臣の個別許可申請や届出を行う必要はなく、政府が定めた規格基準の範囲ならば販売することが可能です。

 

 また、栄養機能として表示できるのは限られており、12種類のビタミンと5種類のミネラルだけです。

ビタミン:ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA,
     ビタミンB1、
ビタミンB2、ビタミンB6、
     ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、
     ビタミンE、葉酸

ミネラル:カルシウム、鉄、亜鉛、銅、マグネシウム

 

表記に当っての留意点としては、
1、栄養機能食品の規格基準が定められている栄養成分以外の表
  示や特定な保健の用途の表示をしてはならない。

  「ダイエット機能食品」など、「○○と同じ効果」などは表
  示してはいけません。

2、厚生労働大臣が個別審査等をしているかのような表示をしては
  いけません

  「本品は、特定保健用食品と異なり、厚生労働大臣により個別審査を受けたものではありません」

3、機能表示をする栄養素の名称を「栄養機能食品」の表示に続け
  て表示すること

  「栄養機能食品(ビタミンC)」等

4、注意喚起事項の表示

 「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを考えて」

 

栄養機能食品の規格基準

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/hokenkinou/hyouziseido-3.html

財団法人 日本健康・栄養食品協会

http://www.jhnfa.org/

日本食品機能研究会

http://www.jafra.gr.jp/index1.html


平成21年7月7日
 


健康食品No4



目次を作りました。順番に見てね
 


健康食品No4
 


  

特別用途食品

厚生労働省が許可するものには「特別用途食品」があり、その表示についての許可が必要になります。健康増進法に基づく「特別の用途に適する旨の表示」の許可には特定保健用食品も含まれます。

特別用途食品とは、たんぱく質の制限を必要とする腎臓疾患の方のためにたんぱく質を低減させたり、特定の食品アレルギーの方のためにアレルゲンを使用しない、または除去した食品および乳児用、妊産婦用、えん下困難者用など特別の用途に適するという表示を厚生労働大臣が許可した食品をいいます。平成21331日現在523件の食品が許可されています。表示の許可に当たり、許可基準があるものについては審査し、許可基準のないものについては個別に適正評価を行っています。


特別用途食品には次のようなものがあります。

出典 (財)日本健康・栄養食品協会より http://www.jhnfa.org/

特定用途食品のいろいろ

特定用途食品のいろいろ

・低ナトリウム食品 ・低カロリー食品 ・低  
 タンパク質食品

・低タンパク質高カロリー食品 ・高タンパク
 質食品

・アレルゲン除去食品 ・無乳糖食品

・減塩食調整用組み合わせ食品 ・減塩食調整   
 用組合せ食品

・糖尿病調整用組合せ食品 ・肝臓病食調整用
 組合せ食品

              ・妊産婦・授乳用粉乳 ・成人肥満病食調整用
               組合せ食品

              ・乳幼児調整粉乳 など

       特別用途食品








平成21年7月6日
 


健康食品No3



目次を作りました。順番に見てね
 


健康食品No3 
 


 

保健機能食品

 保健機能食品は1991年に制度化され、国が定めた規格や基準を満たす食品については保健機能を表示することができます。保健機能食品には、科学的根拠を提出して表示の許可を得た「特定保健用食品」特定の栄養素を一定量含んでいれば表示ができる「栄養機能食品」とがあります。

 

特定保健用食品(トクホ)

 トクホで知られている特定保健用食品は、生活習慣病の予防や治療に役立つように作られた食品のことです。特定保健用食品は食品の有効性や安全性について医薬品と同様に安全に関する様々な資料について厳しい審査を受け適正と判断されたものにだけ表示が許可されます。平成21年5月19日現在857品目に許可されています。


トクホの定義
(財)日本健康・栄養食品協会より(http://www.jhnfa.org/

食品には生命維持のための一次機能(栄養)食事を楽しむという二次機能(味覚)、そして体調のリズム調節や生体防御、疾病予防、疾病回復、老化防止などの健康を維持する三次機能(体調調節)があります。


【特定保健用食品】
トクホ 》は、食品のもつこの三次機能(体調調節)に注目し、不適切な生活習慣に伴う健康リスクを低減するように工夫された食品で、健康に対してどのような機能をもっているか「保健の用途」を表示することを、厚生労働大臣が許可した食品です。 トクホ 》には、「健康の保持・増進効果」を発現し、体の調子を整える働きのある成分が必ず含まれており、その成分のことを「関与成分」と言っています。


  特定保健用食品

 


条件付特定保健用食品

 特定保健用食品のうち科学的根拠のレベルには至らないけれども、一定の有効性が確認されている食品の場合に限り、科学的根拠が限定的であることがわかる表示することを条件に「条件付き特定保健用食品」の表示することが許可されたものです。

 条件付特定保健用食品
 




平成21年7月3日
 


健康食品No2

目次を作りました。順番に見てね
 


健康食品 
 


健康や栄養に関する表示の制度について

 食品において健康や栄養に関する表示を行える制度は特定保健用食品、特別用途食品、栄養機能食品、栄養性分表示だけです。これらを除いては、食品の持つ効果や機能を根拠なく表示することは出来ません。なお医薬品と誤認されるような表示は薬事法により禁止され、公正な競争を確保し一般消費者の利益を保護する観点からは不当景品類及び不当表示防止法により禁止されています。

 

健康や栄養に関する表示

出典 厚生労働省



健康食品

健康食品は健康の保持増進に役立つものとして販売・利用されているもので、きちんとした定義はなく「健康食品に係る制度のあり方に関する検討会」では健康食品から保健機能食品を除いたものをいわゆる健康食品と呼んでいます。一般的には健康に関する食品を総称して「健康食品」と呼んで使用しています。よって保健機能食品や健康補助食品も健康食品の一部として認識されています。

 

健康補助食品

 健康補助食品とは、(財)日本健康・栄養食品協会(JHFA)が認定した健康食品のことです。健康補助食品は、政府の基準ではなく財団法人である「日本健康食品・栄養食品協会」http://www.jhnfa.org/)が、旧厚生省の指導のより規格基準を設定し、厳しい成分分析が行われ、その表示内容については医学・栄養学の専門家によって運営される「適否審査委員会」で審査され合格したものだけに「JHFA認定マーク」の表示を許可しています。


 健康補助食品の種類にはタンパク質類、ビタミン類、ミネラル類、脂質類、糖類、キノコ類、ハーブ等、藻類、発酵微生物類などがあります。


JHFA認定マーク


    健康補助食品



平成21年7月2日
 


健康食品

   目次を作りました。順番に見てね
 


健康食品 
 


  

食品の三つの機能

 人は何の為に食事をするのでしょうか? 健康を維持して健全な生活を送ることのできる体づくりを行うために毎日食事をします。しかし、飽食だったり、偏ったり、栄養不足だったりすると何の為の食事か分りません。そこで食の目的を改めて考えてみました。

 健康維持の為の食品の摂取には、食品の持つ機能を体内に取り入れることを目的としています。その食品の機能は三つに分けることができます。

食品の三つの機能

1、栄養機能・・・・成長、維持、増進

2、感覚的機能・・・味覚、食感

3、体調調節・・・・調節

          消化系・・消化酵素の分泌

          循環系・・血圧のコントロール

          神経・・・ストレス緩和

          免疫系・・免疫細胞を増やす

          内分泌・・ホルモン分泌を助ける、
                              ホルモンバランス

 

食品の摂取にあたり健康を促すことを目的としたものに健康食品がありますが、実際には健康食品の定義はなく、一般的に健康増進に関わる食品のことを総称して健康食品と言っています。健康食品で明確に定義づけされているものには「健康補助食品」「保健機能食品」「特定保健用食品」などがあります。

 

健康を増進するものには医薬品(医薬部外品を含む)に該当するものと健康食品とに分けることが出来ます。更に健康食品は保健機能食品と一般食品とに分けることが出来ます。

 

分類

健康食品と言われているもの

医薬品

保健機能食品

一般食品

医薬品(医薬部外品を含む)

特定保健用食品

栄養機能食品

健康補助食品

健康食品

 

個別許可型

規格基準型

規格基準認定型

 

 

厚生労働省

 

日本健康食品協会

 


平成21年7月1日


その後のお米

その後のお米
 国が管理する米を国内業者に売却するに当り、その検査が杜撰(ずさん)なことから、売却したMA米からカビ毒が検出され、そのカビ毒米が一般消費者に出回り、回収するという騒ぎになったことは記憶に新しいことです。農林水産省に対しての見かたが厳しくなり、2008年12月から検査方法を米を袋に入れたままの状態で抜き取り検査する方法から、袋から全て米を出して検査をして新しい袋に詰め替えるというものに変えました。また、検出されたカビについては全て検査をして毒性を調べることになりました。
 2008年4月から2009年1月までのミニマムアクセス(MA)米の検査でカビの発生が85件見つかりました。その内検査を強化した12月以降のものが57件あり全体の70%近くを占めています。このことからも今までの検査がどのようなものだったかを窺い知ることができます。カビが発見されたもののうち24件が分析を終え、このうち1件から発ガン性の「アフラトキシンB1」が検出されました。残りについては分析中ですが、市場に出回る前に発見されるようになって良かったです。
農業新聞より
平成21年2月27日

目次を作りました。順番に見てね


まじめと真剣

目次を作りました。順番に見てね

まじめと真剣
 一見同じように思える言葉ですが、どのように思いますか?
仕事をしていて思ったことですが、まじめと真剣が違うと言うことに気がつきました。まじめだけど真剣にしていない場合があります。これはどういったことかというと、自分ではまじめに働いていても、他の者から見ると真剣さに欠ける場合があります。ここでいうまじめは働いている態度です。無駄な話しもせずに仕事をこなす姿はまじめです。しかし真剣とは違います。真剣とは仕事の内容に対する思考的なことです。内容がこれではまだ不足しているとかいう場合です。もっと真剣に取組んだら、きっと違うもっとよい答えが見つかるのではないかということです。つまり、もっと頭を使えと言うことです。真剣に考えることで、色んな疑問が発生し、調べ、解決し、よりよき答えを導きだすことができます。上司などが言う“真剣にやれ”というのはもっと深く物事を探求しなさいということです。こんな感じで「まじめと真剣」には違いがあるのです。いくらまじめにやっても成果が上がらなければ、真剣さが足らないということになります。こんなふうに考えると真剣さとは、もっと「もがけ」と言うことになります。頑張ってもがきましょう。もがけばきっと何かが見えてくるかも?
目次を作りました。順番に見てね


輸入畜産物の原産国表示

目次を作りました。順番に見てね

食品表示の追加
輸入畜産物の原産地表示
輸入食肉の原産地表示
 現在の食品表示の方法で、輸入食肉の原産地の表示の仕方に問題があるとして、その検討がなされています。
 現在(06/12/28)の表示方法は、一般の農産物と変わらない分かりやすい表示でなければなりません。原産国については、国名がきちんと分かるように表示します。例えば俗称として呼ばれている牛肉のオージービーフという表示では、原産国が分からないので、明確にオーストラリアと明記します。また、一般的に知られている略称として豪州を使うこともできます。
 ここまでは、普通の畜産物と変わりがないのですが、輸入食肉か国産かの定義は、ちょっと分かりにくくなっています。

現在の食肉の表示基準は
 「国産品」は国内における飼養期間が外国における飼養期間より長いものを国産としています。2カ国以上にまたがる場合では、それぞれの国における飼養期間よりも国内の飼養期間が長いものを国産品としています。そして、国産以外のものを輸入品としています。食肉の場合の生産国は、生まれた場所でなく、長く育った場所と言うことです。
国産の場合
外国生まれ、飼養期間10ヶ月日本に輸入後、飼養期間18ヶ月
外国生まれ 飼養期間5ヶ月B国での飼養期間10ヶ月日本での飼養期間13ヶ月
つまり、飼養期間の最も長い国が原産国ということです。
 日本の和牛を海外で飼養して逆輸入しても、その飼養期間によって原産国が変わります。なんかこれって変。外国種の牛を日本で育てれば和牛です??。おかしな話ですね。

おまけ話
 確か松坂牛の元は但馬牛で、生後8ヶ月程度でセリにかけられて、松坂地域の肥育農家で数年育てられるという話しです。問題は出生地でなく飼育方法ですかね。当然品種もありますが。

水産物
 国産品は、生産した水域の名称又は地域名(主たる養殖場がある都道府県名を指す)を記載。なお、水域名の記載が困難な場合は、水揚げした港名か水揚げ港が属する都道府県名で代えることができる。

輸入品は原産国名を記載。
 国産品では、水域名に水揚げ港(又は水揚げ港の属する都道府県名)の、輸入品では、原産国名に水域名の併記をすることが可能。

 ??日本国漁船が海外で漁をして、国内の港で水揚げした場合でも、水揚げした港を記載することが可能なのかな?? これもおかしいね?
目次を作りました。順番に見てね


残留農薬の毒性3

目次を作りました。順番に見てね

残留農薬の毒性は危険か安全か?No3
ADIと残留農薬基準
 ADIが0.02の場合、体重が50kgの人では50×0.02=1mgが1日の許容摂取量となります。(1mgは0.1g)・・
農薬基準の0.01ppmは、重さにすると100tのうちの1gに相当します。ということは0.03ppmのポジティブリスト違反では、重さにすると100tのうちの3gに相当するので、これをmg単位で考えると10tのうち3mgとなります。
 上記の,両豺腓世1日の許容摂取量は1mgなので、0.03ppmの野菜では、10÷3=3.3tになります。ということは0.03ppmの残留農薬野菜を毎日3.3t食べたら危険ということです。というより3.3tも食べたら死んでしまう。
例えば,両豺腓如△修粒催食品の摂取量が1kgだとすると
 0.01ppmをmgの単位で表すと10mg/100t=10mg/100000kg=1mg/10000kg=0.0001mg/kgです。この食品を1kg摂取するのですから摂取量は0.0001mg/kgとなります。,両豺腓任糧羈咾任1日の許容摂取量の1/10000ということになります。

0.01ppmの意味
 残留農薬基準設定の基本的考え方は、食品からの毎日の農薬摂取量が、その農薬の人1日当たりの摂取許容量の範囲内に収まるように、基準を設定するというものです。基本となるのが1日摂取許容量(ADI)です。ADIは、それを超えない限り、人が一生の間、毎日その農薬を摂取し続けても健康に影響が出ない上限を示しています。
 私たちは、食事として穀物、野菜、果物、肉や魚などさまざまのものを摂りいれます。そのため、食事に含まれる対象の農薬の1日の摂取量の合計が、体重に応じてADIから導かれる摂取許容量の80%を超えないように、それぞれの農産物の残留農薬基準値が設定されます。80%とされるのは、農作物以外に肉や魚、水や空気からも対象の農薬を体内に取り込む可能性を考慮してのことです。これらの量は正確に知ることは難しく、便宜的に20%としています。

主旨
 私がここで言いたいことは、0.01ppmが安全かどうかということではなく、安全基準が何処にあるのか不明確だということです。万全を期した数値の設定ではありますが、現在の技術で解明されている範囲での話しであり、これがほかの化学物質(食品添加物)との複合的摂取や健康でない人の場合や乳幼児や年少者などの場合や現在抱えている病状などによっても変化する場合もあるわけで、今のところ目安という基準であるということです。ただ基準が何もなければ不安は解消されないし、かと言って0.01ppmを超えたら即危険という報道の有り方も問題ではないかと思います。そんな訳でここでは0.01ppmが意味するものが何であるか知ってもらいたかったわけです。

検体検査の方法
 また、補足にはなりますが残留農薬の検出の仕方も検体によって異なっています。検体ごとにどこの部位で検査をするか決められています。また、その検査方法も決められています。部位ではコメ、コムギの場合は玄米、玄麦で、葉菜類は痛んだ葉を取ったもの、ダイコン、ニンジンは泥を水で軽く洗い落としたもの、リンゴ、ナシは芯および枝がついた基部の部分をとったもの、柑橘類はミカン以外は全体をというふうになっています。検査方法では、ミカンやモモ、ビワ、キウイ、スイカ、メロンなどは皮をむいて、バナナは皮をむかないで検査をします。
 青果物の残留農薬検査は、厚生労働省が定めている公定法と呼ばれる試験法で行ないます。公定法では、検査結果のバラツキを少なくするために、農薬の種類や食品群別の試験法、検体の調製方法、使用する分析機器、検査手順なども細かく定めています。

果物の検査部位
表題果実名検査部位
核果果実アンズ、ウメ、オウトウ、ネクタリン果梗および種子を除去したもの
モモ果皮および種子を除去したもの
かんきつ類果実オレンジ、グレープフルーツ、ナツミカンの果実全体、ライム、レモン果実全体
ナツミカンの外果皮へたを除去したもの
ナツミカン、ミカン外果皮を除去したもの
記以外のかんきつ類果実果実全体
仁果果実西洋ナシ、日本ナシ、マルメロ、リンゴ花おち、しんおよび果梗の基部を除去したもの
ビワ果梗、果皮および種子を除去したもの
熱帯産果実アボガド、マンゴー種子を除去したもの
キーウィフルーツ果皮を除去したもの
パイナップル冠芽を除去したもの
パッションフルーツ、パパイヤ果実全体
バナナ果柄部を除去したもの
ベリー類果実イチゴ、クランベリー、ブルーベリーへたを除去したもの
ラズベリー果実全体
上記以外のベリー類果実へたを除去したもの
(社)日本食品衛生協会「残留農薬基準便覧」より

目次を作りました。順番に見てね



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM