人参

目次を作りました。順番に見てね

 

品名 人参
人参と言えばβーカロチン、赤色の色素のカロテノイドです。βーカロチンは強い抗酸化力をもっており、体内の酸化を防いでくれます。βーカロチンは油と一緒に調理することで体内への吸収が高まります。
写真 野菜 緑黄色野菜
土物 アフガニスタン原産
夏初秋 なす科
ファイトケミカル属性 脂質関連物質
カロチン βーカロチン
色素色=赤・オレンジ

 

可食部100g当りの成分構成
エネルギー 水分 炭水化物 たんぱく質 脂質 灰分
エネルギー 水分 炭水化物 たんぱく質 脂質 灰分
可食部100g当りの栄養素構成
注目の成分 ビタミン類 ミネラルなど
注目成分1 栄養素1 含有量1 ミネラル1 M含有量1
注目成分2 栄養素2 含有量2 ミネラル2 M含有量2
注目成分3 栄養素3 含有量3 ミネラル3 M含有量3
注目成分4 栄養素4 含有量4 ミネラル4 M含有量4
注目成分5 栄養素5 含有量5 ミネラル5 M含有量5
注目成分6 栄養素6 含有量6 ミネラル6 M含有量6
注目成分7 栄養素7 含有量7 ミネラル7 M含有量7
注目成分8 栄養素8 含有量8 ミネラル8 M含有量8
注目成分9 栄養素9 含有量9 ミネラル9 M含有量9
注目成分10 栄養素10 含有量10 食物繊維 M含有量10
注目成分11 栄養素11 含有量11 水溶性 M含有量11
注目成分12 栄養素12 含有量12 不溶性 M含有量12
効果】:

 

健康・栄養の説明】:
美容、ダイエット
選び方・鮮度】:
形状で見る施肥
レシピ・食べ方】:
生育・育て方】:
品種・産地】:
保存方法・鮮度維持】:
特筆、その他】:

 

品種1 品種2 品種3 品種4
写真1 写真2 写真3 写真4

 

【名称】
【効能】
【ワンポイント】
【材料】
【作り方】

 

【名称】
【効能】
【ワンポイント】
【材料】
【作り方】

 

【名称】
【効能】
【ワンポイント】
【材料】
【作り方】

 

【名称】
【効能】
【ワンポイント】
【材料】
【作り方】

 

 


目次を作りました。順番に見てね


 

 

 

流動資産 流動負債
現預金
売掛金
商品
仮払金
未収入金
支払手形
買掛金
短期借入金
未払い金
仮受金

 

 

固定資産 固定負債
有形固定資産
無形固定資産
投資その他
長期借入金

純資産
繰延資産

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




以下管理者の私用で使います。

 

 

表題
行題1 D
行題2 D

 

 

 

 

 

 

表題 サブ 内容
行題1
行題2

 

 

 

 

 

 

 

表題
行題1 B

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5
1 2 3 4 5

 

 

 

 

 

 

 

表題
表題
表題
表題

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉 算式 内容
言葉 =
言葉 =
言葉 =
言葉 =
言葉 =
言葉 =

 

 

 

 

 


作物の栄養素 2010、5,6〜2010,7、21

 

 

 

 

 

ミネラル 有機物 酸素、炭素、水素 吸収形態
ミネラルバランス 三元素 酸素、水素 窒素
欠乏と過剰 リン酸 カリウム カルシウム
マグネシウム 硫黄 マンガン
ホウ素 亜鉛 モリブデン 塩素
pHとは 土壌pH pHの意味 土壌環境
CECとpH 塩基飽和度とpH pH調整 置換性塩基
塩基バランス 土壌と石灰 石灰資材 石灰資材の種類
石灰の投入 ゼオライト 養分保持力 ゼオライトの特性
堆肥化 資材紹介


農業将来予測 2010/8〜1010/9

 

 

 

将来農業予測 資本強化 JA直売所 JA加工所
JA予測 JA市場対応 JA直接納品 卸売市場
自由化 外部流通 市場機能 外部販売
近い今後 商社 商機 就農人口
自給率 担い手 世界人口 貿易
WTO 為替 温暖化 輸出禁止
エネルギー まとめ まとめ2

 


野菜機能カード 原紙

目次を作りました。順番に見てね

 

品名 とまと
タイトル&見出し
写真 野菜 緑黄色野菜
果菜 アンデス原産
夏初秋 なす科
ファイトケミカル属性 脂質関連物質
カロテノイド リコピン
色素色=赤・オレンジ

 

可食部100g当りの成分構成
エネルギー 水分 炭水化物 たんぱく質 脂質 灰分
エネルギー 水分 炭水化物 たんぱく質 脂質 灰分
可食部100g当りの栄養素構成
注目の成分 ビタミン類 ミネラルなど
注目成分1 栄養素1 含有量1 ミネラル1 M含有量1
注目成分2 栄養素2 含有量2 ミネラル2 M含有量2
注目成分3 栄養素3 含有量3 ミネラル3 M含有量3
注目成分4 栄養素4 含有量4 ミネラル4 M含有量4
注目成分5 栄養素5 含有量5 ミネラル5 M含有量5
注目成分6 栄養素6 含有量6 ミネラル6 M含有量6
注目成分7 栄養素7 含有量7 ミネラル7 M含有量7
注目成分8 栄養素8 含有量8 ミネラル8 M含有量8
注目成分9 栄養素9 含有量9 ミネラル9 M含有量9
注目成分10 栄養素10 含有量10 食物繊維 M含有量10
注目成分11 栄養素11 含有量11 水溶性 M含有量11
注目成分12 栄養素12 含有量12 不溶性 M含有量12
効果】:

 

健康・栄養の説明】:
美容、ダイエット
選び方・鮮度】:
形状で見る施肥
レシピ・食べ方】:
生育・育て方】:
品種・産地】:
保存方法・鮮度維持】:
特筆、その他】:

 

品種1 品種2 品種3 品種4
写真1 写真2 写真3 写真4

 

【名称】
【効能】
【ワンポイント】
【材料】
【作り方】

 

【名称】
【効能】
【ワンポイント】
【材料】
【作り方】

 

【名称】
【効能】
【ワンポイント】
【材料】
【作り方】

 

【名称】
【効能】
【ワンポイント】
【材料】
【作り方】

 

 


目次を作りました。順番に見てね

 

 


デジタルとアナログ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

デジタル(パソコン)とアナログ(手書き)

 パソコンで仕事をすると何かと便利である。特に作業の時間が短縮できる点が魅力です。一昔前までは筆記によるもので、いちいちノートに書いていたものです。振り返ってノートをみてみると、よくもまあこんな面倒なことをしていたものと思う。しかし、今の自分はこの筆記で成長してきたのだ。

 

 パソコンによる仕事になってやたらミスが増えてきた。自分もそうだが、確認をするという作業の見落としが多いのです。書いているときにはそれほどまでミスはなかったのに。よく新人さんに話すのだが「手が仕事をする」と。書くことで脳が働き考えるのである。また、理解していないと書けないのです。書くことで仕事を覚えます。

 

 デジタル社会では仕事が記憶になっているように思えます。使い方を記憶していて間違いがないと。記憶で仕事をするということは、作業をしていることでしかありません。記憶は使い方であり作業要素が強く、使い道は仕事であり思考ではないでしょうか。

デジタルでは、最初から正しいと思い込みが働き、チャックが甘くなります。また、コンピューターで処理したものは内容が見えないという点があります。勝手に計算してくれるので合っているものと思い込みます。計算式は合っていても意味が合っていないこともあります。さらに計算式やセルの結び付けが複雑になりすぎてどこが間違えている個所もわからない場合もあります。

 

 特に感じることは自分の作ったものに対して、チェックをしないという点です。手で書いていれば気が付くことが、気が付かずにそのままプリントアウトされたりします。仕事がプリントすれば完了となっています。内容のチェックがなされていないのです。パソコンに入力した時点で仕事が完了となっているからではないでしょうか? とにかく初歩的なミスが多く、自分の仕事に対する責任を感じていないように思えます。

 道具ばかり進化して当の人間がそれに対応できずに、ものに頼りすぎて人間の能力が劣化してきているのではないのでしょうか???

 今の社会は機械を使っているのではなく、機械に使われているのではないでしょうか。仕事は機械を使いこなしてこそ意味があります。間違いやミスがある段階では機械に使われているようにしか思えませんね。

 

アナログとデジタル

手書き(アナログ)には感情があって文脈や数字になんとなく矛盾を感じることができますが、デジタルだとなぜか正しいと信じてしまいます。そこに矛盾があっても感じるまでには至らず、ミスになります。アナログには心があり、デジタルにはスピードがあります。アナログとデジタルの両方をうまく使っていきたいものですね。

 

平成29919

 


信じる

 

 

自分を信じろ、

自分が自分を信じなければ、

誰が自分を信じてくれるのか?

自分を信じずして、明日はきぬ。

自分を信じて前に進め。


やる気

やる気

 

最近の社会を見ていると、自分を含めてやる気を感じないのは、なぜだろうか。職場においても率先して働くという人を見かけないし、向上心も見受けられない。指示待ち族が多いのと自分で考えて行動するということがないように思える。これでは教え甲斐もないし成長も期待できないのではないだろうか。

 以前「甲斐の概念」というのを考えてみた。生き甲斐、やりがい、働き甲斐の甲斐である。甲斐とはなにかと考えると、その当時の考えでは“自分らしさ”でした。今、周りを見てみると“らしさ”を感じる人も少なくなってきているように思えます。らしさは自分になかに目標とするものがあり、そのことが信念となって自分の行動を決めているものではないのだろうか。その人らしい仕事を見受けることが少なくなってきているように思えます。書類を書き方でその人の考えが伝わってくるし、この書類は誰誰さんが作ったものだと分かるものです。 書き方といってもその人の癖ではなく思考の表現の仕方のことです。

 最初の表題のやる気ですが、そこに自分らしさがないとやる気もないのではないでしょうか。仕事や物事に対する前向きな拘り(こだわり)がもう少しあってもいいような気がします。人生や仕事を楽しくするもしないもその人の考え方しだいではないでしょうか?

 最近の自分を振り返ってみても、社会や周りや自分自身に流されて、自分らしさややる気が少々失せていたように思えます。再度自分のしたいことや生活習慣を見つめなおして、楽しく過ごせるようにしたいものです。

 

言葉の算式

やる気=目標×らしさ かな


成長とは

成長するには

人は子供から大人へ、未成年から社会人へと成長していきます。

その、成長の仕方がうまくいかないとスキルを向上させることができません。

 

成長する人とそうでない人は何が違うのだろうか?

成長する人は疑問を多くいだき、その疑問を解決する能力を持っています。

疑問がないと解らないことがないというのと同じことになります。普段は解らないことがないのではなく、解らないことが分かってないのではないでしょうか。

疑問を持ち解くことで知識がまし、行動することで経験が増えます。

成長するには、まず疑問を持つことだと思います。

言葉の算式(成長のきっかけ)

成長=疑問×疑問+行動(調べる)

 

行動的な成長を遂げるには

抱いた疑問が解決したら、それを自分の中(行動)に取り入れることが大切です。

成長は知識と経験の積み重ねから成るものではないでしょうか?

成長は行動用語で、その人の行動が精神に比例して成長していかなければなりません。

中には知識レベルが高くても周りの空気が読めずに他人に不快感を与える人もいます。このような場合は行動が伴っていないので成長したとは言い難いものがあります。

言葉の算式(行動の成長)

成長=疑問×解決(行動)

精神的な成長では自問自答を繰り返すことで、道徳的(人としての道)な成長をみることができるのではないでしょうか。

学問的な成長では不思議に思うことを掘り下げていくことです。疑問を感じたら即調べることです。

このようなことが自分の成長に繋がるのではないでしょうか?


手間隙と愛情

JUGEMテーマ:日記・一般

 

手間隙をかけて

 

 

手間隙をかけて育てたものには愛情があります。手間隙とは「手間という労力」と「隙を惜しんでという時間」がかかります。野菜作りでも手間隙をかけて育てたものは美味しくなりますが、雑に育てたものは味も雑になります。私が思う手間隙は愛情です。子供に愛情を注ぐということは手間隙をかけて見守りながら育てていかなっければなりません。仕事でも手間隙をかけない仕事は愛情がなく達成感もありません。手間隙には愛情や目的があります。目的ないものには達成感もないのではないでしょうか?

子供にお弁当を作るにしても花に水をやるにしても、愛情が必要です。愛情はその人が持っている感性です。

手間隙を無駄とか非効率的と考える人もいますが、無駄をすることでも経験とつながり改善とつながっていきます。非効率的なことでも効率よく考えることが必要です。手間隙は非効率的なことをしなさいということではなく、改善しながら効率を上げて愛情を注ぎなさいということではないでしょうか?

コンビニとかで出来合いのものを使うのではなく、ちょっと手を加え工夫することが大切です。手間隙はその人の心の考え方を表現してくれます。手間隙はその人の「手」そのものです。つまり自分で努力することが大切だと思います。

面倒でも愛情のある人間になりたいと思います。でも精神的には疲れるので、ほどほどに、うまくしないとね。


言葉の算式にしてみると

手間隙=愛情×時間(期間)=ふれあい×時間

 

 

 

 

 


健康に対する気候変動の脅威

人類は地球を破壊する前に地球に破壊されるかも。米国の医師の半数以上が警告

米国が地球温暖化に関する協定を離脱するなか、上記ネット記事で「人間が地球を破壊しないうちに気候変動で淘汰される」?と警鐘しています。


段取りとは

段取り

 

気が利く人、手っ取り早い人、準備万端な人、効率がいい人、

これらの共通点は何だろう?

 

 

段取りが悪いとすべてに時間がかかります。段取りよくできる人は物事を俯瞰的に見ています。段取りの悪い人は自分のパーツや一部のことでしか見ていません。

仕事でも全体を考えずに自分のことばかり考えていると、良い結果にはつながりません。

物事をパーツ、パーツで見ることは大切ですが、パーツのみでは全体の組み立てができません。最初に全体があってそれをパーツごとに分解して、役割分担の中で一つの仕事を完成させていきます。ところが部分でしか考えることしかできないと先が読めないことになります。

 

先を読むことが全体を見ることと一致します。しかし、現実的な仕事をしているとパーツから全体を読んで、仕事をしていかなければなりません。現時点の情報から将来の予測を立てることと同じことです。 先に将来像が見えて現状に反映させるのか、現パーツから将来を予測するのか どちらにせよ全体が見えていないと、現時点の対応がどのようになければならないのかわからないことになります。

 

段取りとは、予測の連続でその予測を連結することで全体を見えるようにしていきます。段取りがうまい人は、そのような絵を頭の中で上手く描くことができているということです。物事を“見える化”するには、映像として物事を考えるということです。文字で考えると見えなくなり、絵コンテにすると見えない部分が見えてきます。その映像を再度トレースすることで抜け落ちた部分も見えてくるようになります。

 

つまり段取りとは連続した絵の創作ということです。

 

 

平成2926

JUGEMテーマ:日記・一般

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
アメリカはなぜ「ガン」が減少したか―「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす (JUGEMレビュー »)
森山 晃嗣, Gary F. Gordon, ゲリー・F. ゴードン
ミネラルの大切さが解かります
recommend
免疫革命
免疫革命 (JUGEMレビュー »)
安保 徹
交感神経と副交感神経の関係がわかります。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM